タグ:マイケル・サンデル教授 ( 1 ) タグの人気記事

対話(ダイアログ) その4

  お気に入りに入れてね! リンクもうれしいです。
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆

☆★月のやさしさ日記もよろしく。☆★

 話題のハーバード大学のマイケル・サンデル教授の白熱教室。2月6日(日)夕方6時からまたTV放送があるようですね。
 サンデル教授が学生たちのディベートを、壇上からきれいにまとめ上げる姿は、実にダンディでスマート。かっこいい~、なんて思って見ていると、夫は横で「彼は人の話を要約してしまうね。」とひとこと。(>_<)
 
 話は変わりますが、この数年私は、対話には力がある、と信じていろいろな場面で「対話的」であろうと努めてきました。その時には3つの点に注意をはらっています。
 ・ディベート(議論)とは違う。
 ・テーマ(お題)から外れない。
 ・相手の言う事(言いたい事)に耳を傾ける(傾聴)。
 
 先週も参加した、田口ランディさんたちの「ダイアローグ研究会―社会・環境と科学の対話を考える―」は、まさに私が大事にしているテーマです。学生主体なので、でちょっと気が引けるのですが、頑張って出席してよかった、というのが感想。(※欄外のタグの「対話」をクリックして頂ければ、前回の感想まとめています。2010年12月分)
 初回は欠席。
 2回目は、田口ランディさんの話を元に、4人で話ができるようなグループ設定。
 3回目の今回は、はゲスト講師、モーリー・ロバートソンさんの話を聞き、質疑応答のみ。

 3回目のモーリーさんのしゃべり(中近東の話題とツィッターなどのメディアの話が多かった)は見事で、私は感動してしまいました。(サンデルさんに感動したように。)すごい知識量と発信力。日本人の母、アメリカ人の父、それぞれの文化をちゃんと2つ身につけて(使い分けて?)おられ、デリケートな感性の持ち主(さすがアーティスト)。
 ただ、今回は講演だけで終わって、「ダイアローグ研究会」と銘打っての会としては、不満も残ったのかもしれません。主催者側からは前振りで、「今回はモーリーさんの話を聞くだけで、対話はできないけれど…」とあったので、「ま、連続の会として大きな枠組みの中ではありかな」とも了解していました。次回にモーリーさんの話の内容をテーマに話すことはできるだろうし…。

 田口さんはご自身のブログで、1/29「聞くと、聴くの違い」、1/28「ネット・情報・人間について・インターネットする?」と二つの感想がアップされています。(私も田口さんのブログ内にある“印象派”という表現にうなずいてしまうタイプ。)
 対話というのは、こういうことまで含めて、相手を感じ取るような緻密な作業もありじゃないか、と思っています。
 冒頭に書いたように、サンデル教授がすっきりまとめてしまうと、削げてしまって、なくなってしまうような部分こそが対話の大事なところなのかもしれません。
 夫曰く「人の話はそのままを聴くべきだ」。確かに。
[PR]
by artemis-journal | 2011-02-02 19:07 | 社会