タグ:カズオ イシグロ ( 1 ) タグの人気記事

『わたしを離さないで』から揺れる気持ちまで

  お気に入りに入れてね! リンクもうれしいです。
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆

☆★月のやさしさ日記もよろしく。☆★

 カズオ イシグロの映画『わたしを離さないで』。「10代初の臓器移植」のニュースが流れている頃に観ました。ストーリーは、なんともせつないのに、涙は出ず…。不思議な感覚に陥りました。好きな感覚。

 その頃に『ミツバチの羽音と地球の回転』も。鎌仲監督が劣化ウランの問題を知ったことで、原子力発電関連の映画に取り組んできたという話を伺ったことが印象に残っています。
 
 NHKのETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図 ~福島原発事故から2か月~」。この番組は日本中の人が見る機会を持ったのでしょう。また見る機会がありそう。

 b0002916_23195587.jpg義父は晩年、絵を描く事に集中していました。そして、昔は出版社をやっていたことも…。でも、詳しい事は何も伺うことはなかったのですが(夫の家族もあまりその事を知らないのですが)その片鱗に触れるチャンスがあったこと。

 b0002916_2325135.jpg『いのちと放射能』(柳澤桂子著)の読書会で、DNAの話などわからない事もありながらも、みんなで「こういう事では?」と話をしていくと、少しずつながら、だんだん理解できるようになってきたこと。

 新宿を通過する機会が増えたので、ジュンク堂やベルクなどに立ち寄るのが楽しみ。

 そして、6月からは仕事がひとつ増え、どうやって時間のやりくりができるのか不安もある中、以前からちょっと勉強をしてみようと思っていた消費者問題の勉強もやってみることにしました。
 どれも少しずつなんですが、急激に生活のペースが変わります。楽しみでもあるし、仕事と家事とおまけの勉強まで両立可能?と心配もあり…。今はちょうど移行期で、ちょこちょこ準備に出かけてウォーミングアップ。

 311から、春らしい気持ちはうっすらしか味わえず、怯えながら初夏を迎えました。おいしい野菜を口にしているのに汚染の心配をしたり、雨音にのんびりお風呂につかっていても、「あぁ、この雨は汚染されているのか…」と恵みの雨だったはずが、急に鬱々とした気持ちになったりしています。

 息子に「放射能の件なんだけど…」と食ベ物の事やら、諸注意の確認をする時、どうしても涙が溢れるので、先に一泣きしてから話すようにしています。親として、先人として、情けない気持ちになってしまって、申し訳ない気持ちでいっぱいになるのです。
[PR]
by artemis-journal | 2011-05-26 23:30 | 映画