タグ:オーケストラ・アンサンブル金沢 ( 1 ) タグの人気記事

金沢

 お気に入りに入れてね!
☆★アルテミスのトップページはこちらへ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆


 12月23日、金沢21世紀美術館でのフロアコンサート
b0002916_12522747.jpg

 クリスマスにちなんだオーストリアの音楽を中心にオーケストラ・アンサンブル金沢のメンバ―のトリオです。
b0002916_12534020.jpg


b0002916_12314491.jpg
 美術館のフリーフロアでの歌、バイオリン、オルガンのトリオ、3ステージがありました。よちよち歩きの子どもが演奏者に向かってトコトコ。杖を片手のおばあちゃまもいっらっしゃり、肩の張らないコンサート。2ステージ目は、私は裏でシュトーレンとチョコレートを味わいながら楽しみました。最後には子どもたちにサンタさんがプレゼントを!

 歌の直江学美さん、ドレスが雰囲気にぴったりでとても素敵でしたし、ネクタイを変えたりサンタさん衣装をまとったりのバイオリンのトロイさんのお話もとっても楽しかったです。それにクリスマスにオルガンの音色は雰囲気が一段と盛り上がります。
 3ステージ目は次の予定で退席。演奏者の方にお声をかけることができずに誠に残念!b0002916_12342087.jpg
 バイオリンと言えばクライスラー! ちょっと大人向けってコメントありましたが、それがこのコンサートを引き締めてくれたと思います。そして、シュトラウスの「眠りにつくとき」の歌声が耳に残っています。珍しいトリオの選曲のバランスの良さは、オルガニストの方が頑張られたそうですが、深く心に残るものとなりました。
 サロンコンサートってご縁がないと行きにくいし、こんな感じで、出入り自由の美術館企画ってすばらしいです。
 そして、現在開催中の展覧会企画はオラファー・エリアソン。光と感覚のすごいインスタレーション!! 「光と音」私の音大時代のテーマだったので、この作品群には言葉がでませんでした。(右上の写真は美術館と夕日です。)


 その後は高校の部活関連のパーティへ。
 年末スタートの高校サッカー選手権大会、大晦日に初戦を控え、壮行会も兼ねています。メンバーは遠征の合間、緊張感もありながらも楽しそう。それを支えて下さった大勢の方々で200名以上の会。父母たちもおおいに盛り上がったにぎやかなパーティでした。
 この勢いを持って、大会を勝ち抜いて欲しいものです。
 サッカーって試合で結果を出すまでの、チームのまとまりやら、判断力やらが大事。キャプテンのインタビューの受け答えの態度を見ていて、ずいぶん立派だなぁ、と感心してしまいました。
 厳しい環境に置かれながら、良いチームメイトに恵まれ、サッカーで筋を通した息子の高校の3年間は、かけがえのない経験になったと思います。
b0002916_1229283.jpg


 荘厳な富士を眼下に……。今年を締めくくるのに、とても良いクリスマス休暇となりました。
b0002916_12301475.jpg

[PR]
by artemis-journal | 2009-12-26 13:01 | アート