タグ:いのちと放射能 ( 4 ) タグの人気記事

『わたしを離さないで』から揺れる気持ちまで

  お気に入りに入れてね! リンクもうれしいです。
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆

☆★月のやさしさ日記もよろしく。☆★

 カズオ イシグロの映画『わたしを離さないで』。「10代初の臓器移植」のニュースが流れている頃に観ました。ストーリーは、なんともせつないのに、涙は出ず…。不思議な感覚に陥りました。好きな感覚。

 その頃に『ミツバチの羽音と地球の回転』も。鎌仲監督が劣化ウランの問題を知ったことで、原子力発電関連の映画に取り組んできたという話を伺ったことが印象に残っています。
 
 NHKのETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図 ~福島原発事故から2か月~」。この番組は日本中の人が見る機会を持ったのでしょう。また見る機会がありそう。

 b0002916_23195587.jpg義父は晩年、絵を描く事に集中していました。そして、昔は出版社をやっていたことも…。でも、詳しい事は何も伺うことはなかったのですが(夫の家族もあまりその事を知らないのですが)その片鱗に触れるチャンスがあったこと。

 b0002916_2325135.jpg『いのちと放射能』(柳澤桂子著)の読書会で、DNAの話などわからない事もありながらも、みんなで「こういう事では?」と話をしていくと、少しずつながら、だんだん理解できるようになってきたこと。

 新宿を通過する機会が増えたので、ジュンク堂やベルクなどに立ち寄るのが楽しみ。

 そして、6月からは仕事がひとつ増え、どうやって時間のやりくりができるのか不安もある中、以前からちょっと勉強をしてみようと思っていた消費者問題の勉強もやってみることにしました。
 どれも少しずつなんですが、急激に生活のペースが変わります。楽しみでもあるし、仕事と家事とおまけの勉強まで両立可能?と心配もあり…。今はちょうど移行期で、ちょこちょこ準備に出かけてウォーミングアップ。

 311から、春らしい気持ちはうっすらしか味わえず、怯えながら初夏を迎えました。おいしい野菜を口にしているのに汚染の心配をしたり、雨音にのんびりお風呂につかっていても、「あぁ、この雨は汚染されているのか…」と恵みの雨だったはずが、急に鬱々とした気持ちになったりしています。

 息子に「放射能の件なんだけど…」と食ベ物の事やら、諸注意の確認をする時、どうしても涙が溢れるので、先に一泣きしてから話すようにしています。親として、先人として、情けない気持ちになってしまって、申し訳ない気持ちでいっぱいになるのです。
[PR]
by artemis-journal | 2011-05-26 23:30 | 映画

同じものに偏らず

  お気に入りに入れてね! リンクもうれしいです。
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆

☆★月のやさしさ日記もよろしく。☆★

 いろんな整体があるのですが、昨日は治療していただく整体ではなくて、自分で学ぶ野口整体の勉強会に出かけてきました。このご時世に役立つ、操法を3つ教えて頂きました。息子に伝えようかな、と思ったのですが「いいよ、そんなの」とそっけなく断られました。…そんなもんですよね。

 フクシマ事故以降はいろんな可能性を考え、原発事故防災に関してもしっかり復習。
 地震での断水対策にもなるけれど、水の放射法汚染が気になって、3/11直後には、ともかくありったけの容器に水を溜めました。台所の棚の下段は「水倉庫」。お風呂も常に水をはって…。
 水のみならず、野菜の放射能汚染や、来年のお米や野菜のこと、魚や海産物…。頭の中は汚染されたら…のシュミレーションでいっぱいになって、頭の中が整理しきれない時期もありました。

 そういう経過を経て結論。
 食べ物・飲み物などは「同じもの食べ続けない」。リスク分散です。同じメーカーや同じ食品ばかり食べない、というのが良さそう。
 飲み水に気を付けることは誰もが気にするところ。では、お豆腐はどう? ペットボトルのジュースの原料の水は? 一服のカフェのコーヒーの水は? そう考えていくと、単に水道水を飲まない、というだけでは済まなくなってきます。
 冷凍品や加工食品の原材料の特定はムリですし、すると、外食なんてとんでもないわけです。でも、実生活は「そこだけ」気にしてはいられません。だから、できるところに「安心」を取りこんで行ければ…。

 私はある生協に所属しているので、大半はそこから購入。生協は加工品以外は産直が原則で、必ず産地は明記してあります。今回の放射能汚染地域として出荷規制がかかっている時、勘違いミスが二重に重なり、出荷規制されているはずの野菜が家庭に配布されてしまうという事が起きました。でも、「生協だからよかったよね」と思うのが、「全世帯個別」に連絡・回収され、数字もはっきりわかり、数値チェックの事後報告がされたことです。
 もちろん、生協ならぜったいの安心、というわけにはいかない今回の原発事故。でも、流通経路としてはベストかと思っています。(生協もさまざまなので、一概に言えないです。)
 それに、見えない放射能ですから、半ばあきらめ感が生まれますが、あきらめてはいけない、できるだけ放射線を浴びないような努力を! という感じでしょうか。
 紫外線(放射線ど同じ仲間)の警告も同じこと。強烈な日焼けを避け、積算被曝量は減らした方が良いらしく、閾値がはっきりしていない…。

 5月19日(木)からスタートする『いのちの放射能』を読む会(全3回)ではきっと皆さんの不安もそれぞれ違い、工夫も分かち合えるでしょうね。関連記事は4/245/4
[PR]
by artemis-journal | 2011-05-08 14:31 | 健康

『いのちと放射能』を読む会

お気に入りに入れてね! リンクもうれしいです。
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆
☆★月のやさしさ日記もよろしく。☆★

 前の4/24のジャーナルで記した『いのちと放射能』を読む会のお知らせです。
 お昼の開催ですので、お子さんと一緒にどうぞ。

 【ナワプラサード書店 ほびっと村学校編】
 日時:5/19、5/26、6/2(木)12時~14時半 (3回連続)
 場所:ナワ・プラサード書店・ほびっと村学校(西荻窪)03-3332-1187
 参加費:500円(+バルタザールの出前昼食代、お弁当持参でもOK)
 詳細:http://www.nabra.co.jp/hobbit/sc.htm  ←こちらからお申し込みください。※本の注文も可能です。お問い合わせください。

 高橋ゆりこさん志村季世恵さんの3名がお世話役です。
 3人ともチェルノブイリ事故の頃に子育て中。あれから四半世紀たった今、経験も踏まえ、一緒に考えて行きたいという思いがあります。
 子どもたちの被曝許容量を年間「20mSV」としてしまった文科省。その意味することをそれなりに理解できるとことが大切だと思います。科学の難しい話を柳澤さんは素敵なお話を盛り込んで、心に残るお話として薄い文庫にされました。
 
 一緒に『いのちと放射能』を読んでみませんか? 生活に科学的な眼差しを向け、世話役がお互いに分担し工夫し協力しながら、「これから」の未来を心に留め、後半は遅めのおいしいお昼を頂きながら、みんなで語り合い、という流れです。

 ※『いのちと放射能』を読む会は、上記の他にも、夜の部など2か所で開催を予定しています。未来を見つめつつ、いろんな場でこの本が読まれ、みんなで話題にできるといいな、と思っています。

 
[PR]
by artemis-journal | 2011-05-04 17:44 | 講座

放射能オバケのこと、そして『いのちと放射能』を読む会(改訂4/26)

  お気に入りに入れてね! リンクもうれしいです。
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆

☆★月のやさしさ日記もよろしく。☆★

 私は放射能と聞くと、ビクッとしてしまいます。チェルノブイリ4号炉の爆発の映像に始まった妊婦だったから。食物による被曝をできるだけ避けなければ、と一生懸命だった事が思い出されてきます。夕立でずぶ濡れになってしまった時、子どもを抱き必死で走った事…。
 あれほど遠くの国の事故なのに、「今日は○○でホウレンソから放射能検出」「ヨーロッパの小麦が汚染」「北欧のキノコは高濃度の…」「貝類は濃縮される…」毎日、そんな情報ばかり気にしていました。

 でも、今はもっとヒリヒリした感じです。母たちがどんな辛い思いをしているのか…。私は娘と息子が既に大人になり、次世代がどうなっていくのか、そんな不安も生まれてきます。

 実は、私の子どもの頃は、世界各地の核実験も盛んで、大気中の放射能濃度も相当高かったようです。「雨に濡れたら禿げるよ~」っていう調子だったし、雨が降ったら、大きな口あけて雨水を飲んだりしてたから…(+_+)。

 そうはいっても、今の“安全デマ”の風評被害には困ったものです。

 母親と一口に言っても、立ち位置によって、何かと二分されているようです。「気を付けられる限り気を付ける」という念入り派と、「そんなに気にしてたらまいっちゃう」というあきらめ派。今回、西に避難できたのは専業主婦で、勤め人はそうは行かなかったでしょう。仕事しつつ、気にしていたら、保育園にも預けられなくなってしまうので、そこは、気持ち的にOKを出さないとムリ。

 放射能は見えないオバケと似ていて、“見える”人には怖いし、“見えない”人は気にせずにいられます。ですが“見える”と言ったところで、どこまで何が見えているのか…。計測されたデータや気象データと絡み合わせみたり…。まして放射能の専門家なんて周りにはなかなかいません。

 震災後、仲間内で食事を共にすることが何度かありました。その時、安心でき、信頼する仲間といると元気になれるのだな、と実感。涙したかと思ったら、たわいない事で笑ったり…。それに、みんなそれぞれの関心に添った「大事な事」を知っていたりするものです。

 私自身、本業の布ナプキンメーカー以外にも、この10数年間は環境に関わる仕事に携わってきました。専門家のように、深堀する事はないけれど、全体を広く見渡す事に気を配ってきました。
 そういう「広く見渡す」のはひとりでやるより、みんなで一緒にやって行く方がずっと良いな、と感じています。

 そこで試してみよう、と思っている事があります。
 生命科学者、柳澤桂子さんのわかりやすい『いのちと放射能』という文庫本は、20数年前のものを改訂したもです。ご自身が難病で、生と死を科学者として感じられた柳澤さんの本は、哲学書でもあり、じっくり味わうには最適な時期かもしれないな、と思い、この本をみんなで読んでみよう、と思いました。放射能のオバケと相対するのですから、ちょっと勇気がいるし、読んだ後、フ~ッとため息が出るかもしれません。
 そんな時でも、読んだ後には、みんなで美味しいものを頂きながらおしゃべりをしたら、きっと和めるにちがいない、と思うのです。
 それも、あちこちでポツポツと開かれたらいいな、と思っています。その時にみんなで共有できる、心がけたらいいな、と思うポイントを記してみました。(←このポイントについて、いろんな捉え方があり、“制約”となったり、言いたい事が言えなくなるのを避けるために、個人的にお伝えすることにしました。4/26変更)

 私は5月からできるかしら。ちょっと楽しみです。(4/26追記:3か所での開催が決定しました。近日中に次のブログで詳細をお知らせしますね!)
[PR]
by artemis-journal | 2011-04-24 00:52 | 社会