平和は作るもの

 このところニュースの悲惨さが際立っているように感じているのですが‥‥。
 『911』から3年が過ぎ‥‥。
 「低年齢化」する残虐なこと。災害でもないのに、こどもが事件の渦中に入ってしまうなんて‥‥。
 先日の先生たちの話(9/17を見てね)から「あの惨殺事件、うちのクラスであっても不思議はない」との声がありました。
 こどもたちは親や他者にほめてもらいたくて必死。(大人もほめられていやな気はしないものです)
 でも、家で「親の願望」を投影して頑張っていると、なんかもう、イヤになって自分の欲求をぶつけたくなるようです。その行動が、スリッパを踏んづける、他人のモノを盗んで困らせる、ウソをつく、などなど子供らしいことから、大きくなると、バットや刃物と凶器に変わる道具が出てきます。
 「私が私として認められて(尊重されて)いない」ことに原因がありそうです。
 幼少時の心の傷について、おとなは気づいていないことが多いそうです。その傷が中学生ぐらになって、痛み出すことも。
 たとえば、いつもひとりぼっちだった。自分はやっていないのに、悪い子にされた。おねえちゃんは許されて、ボクは叱られた。
 虐待とまではいかなくとも、大人はこどもを傷つけていることがあるようです。その傷を認め、治さないと、成長していく過程で傷口を広げていくようです。
 こどもに社会性を身につけさせるのに(公共の場でのマナー等)厳しくしても良いはず。でも、個人の意欲をそいではいけない(例えば、「こどもの仕事」である自由な遊びを奪う)。それが、逆転しているかな、と思われることも。
 何より、一番大事な相手を思いやる心を育むことが欠落しているように思います。
 道徳心と言われるのかもしれませんが、生命の尊重という点では宗教心みたいなものかも。。。
 慈愛の心。「自分がされていやだな、ということを他者にしない」。
 脅されるのがイヤ、ぶたれるのがイヤ、バカにされるのがイヤ、仲間はずれがイヤ。 弱い人が強い人に暴力を振るわれたらイヤでしょ。相手の立場に立って考えなさい。そんな慈しみの心は、挨拶にもあられますよね。
 名も顔も出さずに済む掲示板(自己責任不在)で誰かを罵倒することは、普段は口にできない、おぞましい感情を吐き出せた快感なのかも。(「憂さ晴らし」が他人に迷惑をかける行為。)
 逆に、虐げられたことのない人には「なんでそんなことするのか理解できない」ということも。
 言葉での傷つきは、言葉によって立ち直ることも可能なはずです。
 しかし、武器による生命殺傷行為である戦争やテロは、家族を殺された人たちの強い「恨み」の種をまいてしまいます。
 虐げられてきて、反抗できなかった人たちの思いはいかばかりか。そんな「恨みの連鎖」を断ち切るための努力が平和作り(平和教育)になるのだと信じています。
 公立学校のカリキュラムに「平和」なんて科目があればいいのに。
[PR]
# by artemis-journal | 2004-09-17 15:13

先生と親が本音で話すと

 いつのまにやら秋。セミの鳴き声が消え、鈴虫の大合唱。にもかかわらず、残暑。
先週、幼稚園の園長先生や小中高校の現場の先生との交流会がありました。
 親の立場の私の「先生への信頼はあまりないです」という発言は波紋を広げ、先生からは「え~、お互いの信頼がないと‥‥」という声が。そりゃそうですよね。
 ところが、参加者が20名ほどいたでしょうか? 親の側からは「先生を信頼しています」という声は小さく、「ウチも小3の時ひどかった」「能力のない先生が担任だと大変だった」「幼稚園で今モノが盗まれていて、“誰か”は判っているのに、先生は対処しない」などなどその不満はつきません。
 先生側からは「保護者から長い会話の一端(××を注意した方が良いとこどもへの注意事項)を悪く解釈され、言いふらされ大変だった」という話では、親側も噂の尾ひれ(ワイドショーだよね)は認めざるを得ないところ。
 また、公立の小学校初任1年目の大変さ、小学校の先生が信頼できないからと幼稚園に相談にやってくるお母さんの話、教育の方針がない目先の「教育改革」など様々な話が飛び交いました。
 私は学校の先生はジェンダーフリーだとばかり思っていたら、なんのなんの。
 ストレスと過労で頑張りすぎ子宮全摘出となった休職中の先生は、校長先生から「子宮なんていったら、性を連想させるから他の先生には伝えない」ということでメンタルな病気にされてしまったとか。
 東京都で「性教育」ができなくなった裏話とか、先生の大変さも伺いました。
 実は先生側も親側もお互いの性格がわかりあっている高校の同級生の「交流会」での話。
 この話の中で、最近気になっていたことを次に書いてみますね。
[PR]
# by artemis-journal | 2004-09-17 14:32

何もなかったのにいろいろあった夏

 アテネオリンピックで沸いた夏、私は大したイベントもなく、日常に埋没していました。
 でも、その日常がなんだかいろいろあって‥‥。
 猛暑だったし、友人は脱水症状で「熱中症」の診断を受け、1週間以上の入院の羽目に。
 そして台風。いつもとコースが違います。逆行したのもありましたし、今回は東北や北海道へ。大気の状態が随分変わったのでしょうか。
 気象変動を思うと、「温暖化対策」というものがどれほど功を奏しているのでしょうか?私にはさっぱりわかりません。
 我が町武蔵野市は汚れたプラスティックごみを焼却し始めました。(ごみの最終処分場の永年のためですが。)
 汚れていないプラスティックは素材の分別なく、ごちゃ混ぜで資源として集めているのですが、それを手作業で分別しているそうです。
 分別の行われたプラスティックはリサイクルされて使用されたり、高炉原料化している、という市職員の説明に、私は疑いのまなこ。
 塩ビやポリやら素材が混合し、なおかつ樹脂可塑剤を添加されたプラスティックが、果たしてリサイクルができるのでしょうか?ほとんどが高炉原料なのでしょう。
 PET樹脂のリサイクル製品は素材が単一なのでリサイクル可能ですが。
 日常生活はこんな些細なことですが、混乱状態。またこの暑さですから、エアコンも活躍。温暖化対策にはいっそうハードルの高い夏でした。
 一方、気温を1度下げよう、という企画の「打ち水大作戦」では、我が家は貯め水がなく、水道水を撒き、ちょっと心が痛みましたが、水遊びは楽しい。
 そんな世の中はオリンピック一色。TVの視聴率は深夜にもかかわらず相当高かったようですね。我が家にも深夜に起き出してTV観戦をしている人がいました。
 8月の17日間、メディアが一斉にスポーツ! 私は早々にリタイアしました。TVのアナウンスや解説が、連呼と絶叫で、つまんなかった‥‥。水泳や陸上のようにわかりやすいものはいいのですが、柔道やレスリングなどルールもわからず、「結果だけで結構」状態になってしまいました。
 その間に報道が薄れた数々の事件もありました。一面トップがスポーツ新聞と化すと、あとは付録記事になって価値が下がりますね。
 元首相の橋本さん、“付録”扱いでほっとしたことでしょう。
 アテネに飽きていて、映画が観たいよぅ、と思っていたタイミングに『ガイアシンフォニー 第5番』を観に行く機会に恵まれました。こういう映画は観ていて気持ちが落ち着きますね。
 さてさて、今週土曜日は武蔵野公会堂で『花はんめ』の上映会。
前評判が高かったので、お昼の部はもう満席になりそうです。いらっしゃれる方はどうぞ夜の7時の会へお越しくださいませ。
 この映画会を終えると、私は秋・冬の新しいプロジェクトをスタートです。(準備でき次第お知らせいたします。)
[PR]
# by artemis-journal | 2004-08-31 23:26

心に響かせて

 思春期に入った息子と、母である私はいったいどうしたらうまくいくのかしら?
 毎度おなじみの悩みの解決策を考えていた金曜日。
 お互いに予定のない午後、私は「映画でも一緒に観にいこうよ」と提案。
『ぼくセザール 10歳半 1m39cm』。これなら息子も面白がってくれるかな?
 夕方、ふたりで新宿、武蔵野館へ。予想通りの90分でした。
フランスの10歳のこどもの視点、おとなの視点、双方を楽しめ満足。
 理屈じゃないのよね、お互い心に残ることがいいのよね。
 先月は友人がオーケストラのコンサートのチケットを回してくださいました。
チャイコフスキーのピアノコンチェルトは、やっぱり生演奏の迫力が違うなぁ。感激。
 ほんわかした一晩、今でも懐かしく思い出しています。
 音楽ではないのですが、3週間ほど前、「クラウニング」というワークショップに参加しました。心理学の分野のワークショップで、本来の自分感情や感覚などをクリアにし、周囲の人々の本当の気持ちとうまく交流し表現する、というもの。
 肩書き(会社員や学生)や立場(妻や夫)で挨拶を交わすだけではなく、そういった社会的な衣を剥いだ「私」と「あなた」とのありようを探ります。
 このワークの後の感覚は、実に鋭く、敏感で、学生時代の若かった頃の、ちょっとわくわく、ドキドキの記憶が甦りました。
 今は大人として、あるいは親としての立場で他者と接することが多く、私はある型にはまった反応(行動)をしてしまっていることに気づきます。
 大人が本音を語るのは、友達とのおしゃべりが多いようです。飲み会だったり、茶話会だったり。でも、もっと違った「自分の本音」に気づくと、さわやかな気持ちになれます。
 映画や音楽など芸術関連は、そういった普段使わない感覚への刺激です。
 年をとったからといって、アタマもカラダも硬くなっていきたくないものです。
硬くなった私が、こどもたちの柔らかい感性を傷つけることのないように、自らを鍛えておかないと。
 というわけで、明日も黒田京子さん(pf)八木啓代(vo)さんのジャズのライブへ。
 ちょっとおしゃれに渋谷のセルリアンタワー。
 おふたりのセッションからどんな刺激がやってくるのかお楽しみ。
 
 
[PR]
# by artemis-journal | 2004-08-23 17:52

沖縄

 沖縄はホスピタリティに溢れすごくよかったよ、と訪れた人たちはみんな感激しています。
まだ訪れたことのない沖縄。九高島や慶良間の海底遺跡のことに思いを寄せると、わくわく。
私の女神の心がグワっと湧き上がってきます。
 そんな夢の沖縄の裏の現実に米軍基地。
 今回のヘリ墜落はただならぬ事故の様子です。
 8/18の読売新聞の朝刊には、黄色い防護服に身を固めた米軍がオレンジの袋(危険物)の事故処理の写真が。
 この写真を読み解く人は、「劣化ウランの可能性」(あくまでも可能性)も見ています。
 なんでそんなもの、ボロヘリで運んでいたのか?
 全ては闇へ葬る日本の対応。
 小泉首相どころか外務省も大臣もだーれも、私たち日本人にちゃんと説明をはたしていないんじゃないですか?
 アメリカの国旗の★のひとつ、軍事日本州、と言われるだけのことはあります。
 宜野湾市長の真剣なまなざしに比べ、沖縄県知事の口元はゆがみ、ことばも抽象的なTVの映像。(沖縄県知事の立場上、政府からの相当なプレッシャーがあるはず。彼に捨て身の勇気はなさそう。)
 何が起こったのか、日本はアメリカ側の報告のみ受ける立場、それ以外に何もできないのでしょうか?
 日米地位協定とは? 沖縄米兵の犯罪は日本が裁くことはできません。治外法権ってなんのため?
 今、アメリカは世界の信頼を受けられず、モラルも低下している中、ひとりひとりが立派な個人として活躍できるのでしょうか?私には疑問です。
 オリンピックが終わるまで、人々は面倒なことには関心を寄せたくもないでしょう。
 谷亮子選手、北島康介選手をはじめメダルはすっごくうれしいし、彼らのような素敵な大人が増えれば、と願いますが、スポーツ界のみならず、政界にも立派な人が育ってほしいです。
 重慶でのサッカー戦で判ったとおり、「嫌われ者ニッポン」も事実。
 日本人として、喜び半分、情けない気持ち半分です。
[PR]
# by artemis-journal | 2004-08-19 12:38

悩んでも仕方ない悩みだらけな夏

 先日、友人と話をしていて、「中学生の男の子は自己責任を持たなければ」ということに。
確かに親が「宿題は?」とか、朝たたき起こす、なんていうのはダメ。
 でも母が起こさなかった中学生は、遅刻して学校へ行くかと思えば、無断欠席。そんな話も聞いて、あれあれ。どうすりゃいいのかねぇ
 うーん、懲りて自分で自覚してもらうには、どうも相当時間がかかるか、その前にドロップアウトするしかないのかしら。
 学校はひたすら矯正を指導するだろうな。
 15歳未満なわけで、親の管理下で、ということもわかります。
 ですが、結局それではこどもは自立しない!という事実。
 言葉で諭して改善が見られるなんてありえません。(言うだけ無駄。)
 では、自己責任?
 親と子のせめぎあい。 これが大変難しいわけです。
 よく、問題を起こすこどもたちが、「親は怒ってくれなかったから、自分に無関心だと思った」といった、さも親の愛情が不足していたように言うわけです。
 が、実際いろいろ尋ねれば「フツー」「べつにー」の返事ならまだしも、「関係ないじゃん」との返答。
 「無関心でなくて見守る」ったって、実際どういうコミュニケーションがあるかしらねぇ?
 相手の気持ちに沿うこと、相手がしゃべる時に聞き役になる、そんな基本的なことなら私もよーく存じております。しか~し、なのです。 
 起きない息子を起こす時、母親が布団に入り込めばびっくりして起きるという「伊藤家の裏技」を教わり、試してはみたものの、効果なし。(^^;  怒鳴り声の方が効果あり。
 反抗期混じりの中学生の男の子は、よそさまに育てて頂くのがどうも良いようです。
 友人はふたりのこどもを中学生から山村留学で、都会から離して共同生活の中に送り出し大成功!
 それができない我が家は、週4日以上お付き合いいただくサッカーのコーチとの信頼関係を築いてもらうのが良いようです。
 こどもにとって、信頼できる大人が大切だよなぁ。
 我が子だけを育てるというより、社会で育てる、っていう感じ、こどもにとっての助け舟なんだろうな。
 私だってティーンエイジャーの頃は、親がイヤで仕方なかったので、こどもの気持ちもわかるのですが。(ま、こどもの気持ちって、わがままなだけかも^-^;)
 この夏は、こどものことだけでなく、友達の悩みなど、何かと大変なことが多かったです。
 まだまだ夏は続くようで、後半はちょっと違うムードで過ごしたいものです。
 今夜は友達が自宅でbarを開くそうで、たまには「大人時間」で楽しまないと。
 お昼にこどもたちの夕食の用意しなくちゃ。できるかなぁ。


 
 


 
[PR]
# by artemis-journal | 2004-08-12 11:47

新しいコラムスタイルはブログで

夏なのに冬眠状態だったコラム。
今回からブログにしてみました。

でも、私の実態は「暑い、アツイ」と言いながら、奮闘していました。
5年間活躍したPCや10年近くお世話になったモニターは、日々息切れ状態でした。
新しくしたのはいいのですが、今までの「化石」のようなソフトが使えない!
データの移行中に半年分のデータの喪失!ゲッ。
でもそこでヘコタレナイ私。
エライ、えらいと自分を慰めます(>.<)
そのお陰で、新ソフトを買い、半年分のデータを再入力。
「すごい、さすがコンピュータ!」と新しいモノに感激。
まだ、完了していないけれど、あと5年ぐらいはこれで安心だよね。。。
その時期に「月のやさしさ」のオーガニックコットンを使った新タイプと切替が同時進行。
もう、何がなにやら、あたふたアタフタ(@_@;)
そこへもってきて、なんと映画『花はんめ』の武蔵野上映実行委員になってしまいました。
(2004/4/17のコラムに感想を書いてます)
これだけ大変なら、もう、なんでもいいか!ってちょっとお気楽に。。。
実は初のブログ体験は、結構時間かかっているわけで。。。。
もう、なんか頑張りすぎかも。ツカレタ。
で、先日、夫と長野へ夏休み。
息子のサッカー大会の合宿も覗き見しつつ、
自分で家を建てている(ログとかじゃない!)友達家族を訪ね、
夏バテ入院中の友人のお見舞いしたり‥‥。
これまた充実し過ぎ。
カラダは疲れたけれど、とても良い旅でした。
特に安曇野の「いわさきちひろ美術館」はすっごくよかったです。
原田和夫さんの音の造形がすばらしい雰囲気を作りだしていました。
いわさきちひろさん、母として頑張っていたんだな、とわかり、
私の今のしんどさにジーンと来てしまいました。
小布施の1日は、休暇らしい日だったなぁ。
これで、私の夏休みは終わり。
さー、気分一新、部屋の模様替えをしたい気分です。
[PR]
# by artemis-journal | 2004-08-10 11:51