<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『わたしを離さないで』から揺れる気持ちまで

  お気に入りに入れてね! リンクもうれしいです。
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆

☆★月のやさしさ日記もよろしく。☆★

 カズオ イシグロの映画『わたしを離さないで』。「10代初の臓器移植」のニュースが流れている頃に観ました。ストーリーは、なんともせつないのに、涙は出ず…。不思議な感覚に陥りました。好きな感覚。

 その頃に『ミツバチの羽音と地球の回転』も。鎌仲監督が劣化ウランの問題を知ったことで、原子力発電関連の映画に取り組んできたという話を伺ったことが印象に残っています。
 
 NHKのETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図 ~福島原発事故から2か月~」。この番組は日本中の人が見る機会を持ったのでしょう。また見る機会がありそう。

 b0002916_23195587.jpg義父は晩年、絵を描く事に集中していました。そして、昔は出版社をやっていたことも…。でも、詳しい事は何も伺うことはなかったのですが(夫の家族もあまりその事を知らないのですが)その片鱗に触れるチャンスがあったこと。

 b0002916_2325135.jpg『いのちと放射能』(柳澤桂子著)の読書会で、DNAの話などわからない事もありながらも、みんなで「こういう事では?」と話をしていくと、少しずつながら、だんだん理解できるようになってきたこと。

 新宿を通過する機会が増えたので、ジュンク堂やベルクなどに立ち寄るのが楽しみ。

 そして、6月からは仕事がひとつ増え、どうやって時間のやりくりができるのか不安もある中、以前からちょっと勉強をしてみようと思っていた消費者問題の勉強もやってみることにしました。
 どれも少しずつなんですが、急激に生活のペースが変わります。楽しみでもあるし、仕事と家事とおまけの勉強まで両立可能?と心配もあり…。今はちょうど移行期で、ちょこちょこ準備に出かけてウォーミングアップ。

 311から、春らしい気持ちはうっすらしか味わえず、怯えながら初夏を迎えました。おいしい野菜を口にしているのに汚染の心配をしたり、雨音にのんびりお風呂につかっていても、「あぁ、この雨は汚染されているのか…」と恵みの雨だったはずが、急に鬱々とした気持ちになったりしています。

 息子に「放射能の件なんだけど…」と食ベ物の事やら、諸注意の確認をする時、どうしても涙が溢れるので、先に一泣きしてから話すようにしています。親として、先人として、情けない気持ちになってしまって、申し訳ない気持ちでいっぱいになるのです。
[PR]
by artemis-journal | 2011-05-26 23:30 | 映画

『母たちの神』比嘉康雄写真展

  お気に入りに入れてね! リンクもうれしいです。
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆

☆★月のやさしさ日記もよろしく。☆★

 喉がからからに乾いていたところに、おいしい湧水が…。そんな『母たちの神』比嘉康雄写真展でした。

 会期が延長されたとはいえ、出かけるチャンスはあと数日しかありません。「今日だ!」と思いったったが吉日、IZU PHOTO MUSEUMに出かけました。

b0002916_1114978.jpg


 比嘉康雄氏の写真展『母たちの神』
 その構成が見事でした。神迎え、神崇め、神遊び、神送り…。
 私にはうまく伝えられないので、清水清氏の感想をどうぞ。

 沖縄の祭祀や神女の写真について、私は何も語ることはできません。ただ こうやって神女に巡り合えた事に感動でした。

 杉本博司さん設計のIZU PHOTO MUSEUMは何度でも出入り自由。藤が見事でした。 


b0002916_11213072.jpg
 ドアが開くと、まず迎えられた宮古島のウタキの写真に、異世界へ誘われる感じ。
 まずは162枚の写真をひととおり拝見。カタログが完売で残念でしたが、多くの方々が手元に置いておきたい、と思われたのでしょう。

 夕方、再訪した時、館内には誰もいなくなったので、スタッフの男性に日本の神道との関係について尋ねていくと、どんどん彼は魅力的な説明を始めてくださいます。「この写真をよーく見て下さい」と着物の合わせの違いのことなど、その意味について語ってくださいました。そして、西銘ノロのこと、民族文化の話、琉球と日本の関係、比嘉氏の魅力について…。彼は比嘉氏がなぜ、これほどまでに凄い写真を取る事ができたのか?そのことについて思いを寄せて話して下さるのです。比嘉氏は病に動ぜず、最後まで立派に生き抜いてこられたその人間的な魅力について。
 
 せんだっても鎌倉国宝館で、館内の方へ展示品への質問をしたら、わざわざ学芸員の方を呼んでくださって、いろんな事がわかりました。
 
 私は神とつながる力に憧れています。私の日々を充足できるような生き方で、神とつながる安定感を得ることはできないものでしょうか?
 雲の動きが、急に風が吹いてきた、なんだか不思議な陽ざし…、そこから感じ取り、読み取る力。魔女力そのもの。
 芸術の魅力って、まさにそのあたりと重なって、私の胸はドキドキしてしまいます。
[PR]
by artemis-journal | 2011-05-17 11:36 | アート

皆様の声をどうぞ

ジャーナルにこのような形の記事は初めてなのですが、
広く皆様にご理解を頂ければ、と思った次第です。
以下は私宛てに頂いたメールの転載です。

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
「子どもに「教育への権利」を!大阪教育研究会」が、福島の子どもたちに
放射能被曝を押しつける文部科学省に反対する緊急申入書に共同の賛同者を募っています。
以下の呼びかけに是非賛同をお願いします。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【子どもの教育に関わる立場からの緊急要求書】

子どもに「年20ミリシーベルト」の被ばくを強要する文部科学省通知(4.19)を撤回せよ
に賛同をお願いします

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 教職員、保護者、学生、生徒、教育関係諸団体、教職員組合、元教職員など子どもの

教育に関わり、関心を持つすべての皆さん。
 福島県では文部科学省の「年20ミリシーベルト」という現行の一般人への限度(年1ミリ
シーベルト)の実に20倍もの「基準」によって子どもたちが放射線の危険にさらされてい
ます。
 5月2日に行われた「グリーン・アクション/福島老朽原発を考える会(フクロウの会)/美
浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)/国際環境NGO FoE Japan」と文部科
学省、原子力安全委員会との交渉では「年20ミリシーベルトが安全という専門家は誰もいな
い」(原子力安全委員会)ことが明らかになり、「毎時3.8マイクロシーベルト以下は平常に活
動していい」などと言うことには何の根拠もないことがわかりました。
 しかし、福島県ではこの文科省の基準に基づいて子どもたちが、「普段通りの学校生活」を
強要され放射線に被ばくさせられています。文科省は学校現場に「放射線を正しく理解するた
めに 教育現場(保護者)の皆様へ」をおろし、「年20ミリシーベルトが安全である」かのように
宣伝し、教職員にもそのように教えさせようとしています。
 文科省の「年20ミリシーベルト」についてはすでに市民、保護者から、また諸団体や諸外国
から数万もの反対署名が寄せられています。私たちは教育に関わるもの自身がこの問題につ
いて公然と抗議の声を上げ、文部科学省に撤回を要求しなければならないと考えます。子ど
もたちの生命と安全を守ることは教育に携わる者の責務です。

 下記の撤回要求に賛同いただける子どもの教育に関わる諸団体、諸個人は下記アドレスに
メールにてお知らせ下さい。(賛同団体は「賛同団体名」を、賛同個人は「お名前と都道府県
名、小学校教員または保護者などをお知らせ下さい。個人名はホームページ、メールなどに
公表しません。)第1次集約期限は5月21日とします。

 なお、「20ミリシーベルト基準即時撤回、被ばく量の最小化のためのオンライン署名」も始
まっています(http://www.jca.apc.org/mihama/fukushima/signature_02.htm)。そちらにも是非ご協力をお願いします。

2011年5月10日
子どもに「教育への権利」を!大阪教育研究会

■賛同受付■ メールアドレス eduosaka@gmail.com

-------------------------------------


【子どもの教育に関わる立場からの緊急要求書】

 子どもに「年20ミリシーベルト」の被ばくを強要する文部科学省通知(4.19)を撤回せよ

文部科学大臣 髙木 義明 様

 4月19日、文部科学省は、「福島県内の学校の校舎・校庭等の利用判断における暫定
的考え方について」を出し、学校における放射線量の目安として年20ミリシーベルトという
基準を、福島県教育委員会や関係機関に通知した。この年20ミリシーベルトは、屋外で3.8
マイクロシーベルト/時に相当するとし、これ未満の測定値である学校については、「校舎

・校庭等を平常通り利用して差し支えない」としている。翌4月20日に文部科学省は、「年20
ミリシーベルト」を学校、保護者に押しつけるために「放射能を正しく理解するために 教育
現場の皆様へ」なる文書を出した。この中で、「毎時3.8マイクロシーベルト未満の区域-普
通に生活して支障はありません」と放射能の危険性を否定している。チェルノブイリ原発事
故の被害を過小評価し、まとめとして、「放射能について過剰に心配しない、させないことが
大切です」とあたかも放射能が危険ではなく、不安になることの方が問題であるかのように
しめくくっている。
 とんでもないことだ。文部科学省の通知は本来避難すべき、被ばくを避けるべき子どもと
保護者を学校と地域に縛り付けるものである。子どもの生命と安全を守るべき教職員は、

放射能に被ばくしても安全だと教えさせられる。放射能で汚染された学校がそのままなら、
子どもは学校だけでなく公園や地域で遊び、知らない間に被ばくをさせられることになる。子
どもの生命と安全を守るべき文部科学省が先頭に立って子どもを放射線の危険にさらすこ
とは断じて許せない。私たちは子どもたちを危険にさらすことに心を痛め、不安を感じ苦し
んでいる多くの教職員、保護者とともに通知の撤回を要求する。

 文部科学省の通知は現行の一般人の線量限度、年1ミリシーベルトの20倍もの被ばくを
子どもに強要するとんでもないものである。
 ①毎時0.6マイクロシーベルト以上の場所は「放射線管理区域」に設定される。労働基準
法はこの区域での18歳未満の作業を禁止している。文部科学省が子どもに押しつける毎
時3.8マイクロシーベルトは、その約6倍に相当する。
 ②「年間20ミリシーベルトは子どもの発ガンリスクを200人に1人増加させる」とPSR(「核
戦争防止医師の会」の米国内組織)が声明を発表したのをはじめ、子どもの被ばく基準を
20ミリにすることは国際的な批判が集中している。
 ③文部科学省は「大人も子どもも同じ」と、大人よりはるかに高い子どもの放射線に対す
る感受性を考慮にいれていない。しかし、国際放射線防護委員会(ICRP)自身が子どもは
被ばく基準を10倍厳しくすべしとしている(pub.36)。
 ④子どもは土埃の中で遊び、放射能を含む食物を食べるのに基準は内部被曝を考慮し

ない杜撰なものである。
 ⑤原発労働者が白血病を発症したとき労災認定を受ける線量の目安は年5ミリシーベル
トである。子どもにその4倍の放射線をあびせて発症しないといえるはずがない。
 ⑥4月29日に内閣官房参与で放射線安全の担当の小佐古氏が、年20ミリシーベルトの
数値に抗議して辞任した。子どもの基準が不当な高さだという批判は与党を含む国会議員
からも起きている。
 ⑦自分の子どもを通学させている福島県の保護者や福島県教組に結集する教職員は子

どもを危険にさらす基準の撤回を強く要求している。

 20ミリシーベルト基準の決定の仕方も無責任極まりないものだ。基準決定の根拠そのも
のが崩れていることが明らかになっている。5月2日に行われた市民との交渉の場で、原子
力安全員会は、文科省が20ミリシーベルト基準「通知」を出すことを「差し支えない」と決定
するにあたり、正式の会議を開かず議事録もとっていないことを認めた。しかも、「安全委員
会は20ミリシーベルトは基準として認めていない」と発言し、「年20ミリーシーベルトまでは
安全だとする委員は1人もいなかった」と述べた。こんな「助言」で基準を決めたことそのもの
が不当である。

 文科省通知によって、福島県内の学校が次々と再開されている。子どもたちは放射能を浴
びながら登下校し、放射能の中で学校生活を強いられている。福島県郡山市や伊達市は、緊

急対策として子どもたちの被ばくを低減させるため、放射能汚染された校庭の表土除去を実
施した。しかし文部科学大臣は年20ミリシーベルト基準に基づき、このような被ばく低減措置
は「不必要だ」と発言し低減のための活動を妨害している。これは子どもたちに20ミリシーベ
ルトの限度いっぱいまで被ばくすることを強要するものだ。文部科学省は自らに義務つけられ
ている被ばく低減のために具体的な措置を直ちにとるべきである。
 文部科学省は教育の現場に「年20ミリシーベルト」基準を持ち込み、被ばく低減策さえ否定
することで子どもたちの生命と安全を脅かしている。教育に関わる者として私たちは、文部科学
省に対して以下のことを直ちに実施するよう要求する。

要求事項

1.子どもに年20ミリの被ばくを強要する「福島県内の学校の校舎・校庭等の利用判断における
暫定的考え方について」(通知)を直ちに撤回すること。

2.放射能を心配させないことが大切だとする「放射能を正しく理解するために 教育現場の皆
様へ」を撤回すること。教育現場に配付している場合は、回収し廃棄すること。

以上
。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
[PR]
by artemis-journal | 2011-05-12 16:00 | 社会

同じものに偏らず

  お気に入りに入れてね! リンクもうれしいです。
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆

☆★月のやさしさ日記もよろしく。☆★

 いろんな整体があるのですが、昨日は治療していただく整体ではなくて、自分で学ぶ野口整体の勉強会に出かけてきました。このご時世に役立つ、操法を3つ教えて頂きました。息子に伝えようかな、と思ったのですが「いいよ、そんなの」とそっけなく断られました。…そんなもんですよね。

 フクシマ事故以降はいろんな可能性を考え、原発事故防災に関してもしっかり復習。
 地震での断水対策にもなるけれど、水の放射法汚染が気になって、3/11直後には、ともかくありったけの容器に水を溜めました。台所の棚の下段は「水倉庫」。お風呂も常に水をはって…。
 水のみならず、野菜の放射能汚染や、来年のお米や野菜のこと、魚や海産物…。頭の中は汚染されたら…のシュミレーションでいっぱいになって、頭の中が整理しきれない時期もありました。

 そういう経過を経て結論。
 食べ物・飲み物などは「同じもの食べ続けない」。リスク分散です。同じメーカーや同じ食品ばかり食べない、というのが良さそう。
 飲み水に気を付けることは誰もが気にするところ。では、お豆腐はどう? ペットボトルのジュースの原料の水は? 一服のカフェのコーヒーの水は? そう考えていくと、単に水道水を飲まない、というだけでは済まなくなってきます。
 冷凍品や加工食品の原材料の特定はムリですし、すると、外食なんてとんでもないわけです。でも、実生活は「そこだけ」気にしてはいられません。だから、できるところに「安心」を取りこんで行ければ…。

 私はある生協に所属しているので、大半はそこから購入。生協は加工品以外は産直が原則で、必ず産地は明記してあります。今回の放射能汚染地域として出荷規制がかかっている時、勘違いミスが二重に重なり、出荷規制されているはずの野菜が家庭に配布されてしまうという事が起きました。でも、「生協だからよかったよね」と思うのが、「全世帯個別」に連絡・回収され、数字もはっきりわかり、数値チェックの事後報告がされたことです。
 もちろん、生協ならぜったいの安心、というわけにはいかない今回の原発事故。でも、流通経路としてはベストかと思っています。(生協もさまざまなので、一概に言えないです。)
 それに、見えない放射能ですから、半ばあきらめ感が生まれますが、あきらめてはいけない、できるだけ放射線を浴びないような努力を! という感じでしょうか。
 紫外線(放射線ど同じ仲間)の警告も同じこと。強烈な日焼けを避け、積算被曝量は減らした方が良いらしく、閾値がはっきりしていない…。

 5月19日(木)からスタートする『いのちの放射能』を読む会(全3回)ではきっと皆さんの不安もそれぞれ違い、工夫も分かち合えるでしょうね。関連記事は4/245/4
[PR]
by artemis-journal | 2011-05-08 14:31 | 健康

『いのちと放射能』を読む会

お気に入りに入れてね! リンクもうれしいです。
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆
☆★月のやさしさ日記もよろしく。☆★

 前の4/24のジャーナルで記した『いのちと放射能』を読む会のお知らせです。
 お昼の開催ですので、お子さんと一緒にどうぞ。

 【ナワプラサード書店 ほびっと村学校編】
 日時:5/19、5/26、6/2(木)12時~14時半 (3回連続)
 場所:ナワ・プラサード書店・ほびっと村学校(西荻窪)03-3332-1187
 参加費:500円(+バルタザールの出前昼食代、お弁当持参でもOK)
 詳細:http://www.nabra.co.jp/hobbit/sc.htm  ←こちらからお申し込みください。※本の注文も可能です。お問い合わせください。

 高橋ゆりこさん志村季世恵さんの3名がお世話役です。
 3人ともチェルノブイリ事故の頃に子育て中。あれから四半世紀たった今、経験も踏まえ、一緒に考えて行きたいという思いがあります。
 子どもたちの被曝許容量を年間「20mSV」としてしまった文科省。その意味することをそれなりに理解できるとことが大切だと思います。科学の難しい話を柳澤さんは素敵なお話を盛り込んで、心に残るお話として薄い文庫にされました。
 
 一緒に『いのちと放射能』を読んでみませんか? 生活に科学的な眼差しを向け、世話役がお互いに分担し工夫し協力しながら、「これから」の未来を心に留め、後半は遅めのおいしいお昼を頂きながら、みんなで語り合い、という流れです。

 ※『いのちと放射能』を読む会は、上記の他にも、夜の部など2か所で開催を予定しています。未来を見つめつつ、いろんな場でこの本が読まれ、みんなで話題にできるといいな、と思っています。

 
[PR]
by artemis-journal | 2011-05-04 17:44 | 講座