<   2011年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

放射能オバケのこと、そして『いのちと放射能』を読む会(改訂4/26)

  お気に入りに入れてね! リンクもうれしいです。
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆

☆★月のやさしさ日記もよろしく。☆★

 私は放射能と聞くと、ビクッとしてしまいます。チェルノブイリ4号炉の爆発の映像に始まった妊婦だったから。食物による被曝をできるだけ避けなければ、と一生懸命だった事が思い出されてきます。夕立でずぶ濡れになってしまった時、子どもを抱き必死で走った事…。
 あれほど遠くの国の事故なのに、「今日は○○でホウレンソから放射能検出」「ヨーロッパの小麦が汚染」「北欧のキノコは高濃度の…」「貝類は濃縮される…」毎日、そんな情報ばかり気にしていました。

 でも、今はもっとヒリヒリした感じです。母たちがどんな辛い思いをしているのか…。私は娘と息子が既に大人になり、次世代がどうなっていくのか、そんな不安も生まれてきます。

 実は、私の子どもの頃は、世界各地の核実験も盛んで、大気中の放射能濃度も相当高かったようです。「雨に濡れたら禿げるよ~」っていう調子だったし、雨が降ったら、大きな口あけて雨水を飲んだりしてたから…(+_+)。

 そうはいっても、今の“安全デマ”の風評被害には困ったものです。

 母親と一口に言っても、立ち位置によって、何かと二分されているようです。「気を付けられる限り気を付ける」という念入り派と、「そんなに気にしてたらまいっちゃう」というあきらめ派。今回、西に避難できたのは専業主婦で、勤め人はそうは行かなかったでしょう。仕事しつつ、気にしていたら、保育園にも預けられなくなってしまうので、そこは、気持ち的にOKを出さないとムリ。

 放射能は見えないオバケと似ていて、“見える”人には怖いし、“見えない”人は気にせずにいられます。ですが“見える”と言ったところで、どこまで何が見えているのか…。計測されたデータや気象データと絡み合わせみたり…。まして放射能の専門家なんて周りにはなかなかいません。

 震災後、仲間内で食事を共にすることが何度かありました。その時、安心でき、信頼する仲間といると元気になれるのだな、と実感。涙したかと思ったら、たわいない事で笑ったり…。それに、みんなそれぞれの関心に添った「大事な事」を知っていたりするものです。

 私自身、本業の布ナプキンメーカー以外にも、この10数年間は環境に関わる仕事に携わってきました。専門家のように、深堀する事はないけれど、全体を広く見渡す事に気を配ってきました。
 そういう「広く見渡す」のはひとりでやるより、みんなで一緒にやって行く方がずっと良いな、と感じています。

 そこで試してみよう、と思っている事があります。
 生命科学者、柳澤桂子さんのわかりやすい『いのちと放射能』という文庫本は、20数年前のものを改訂したもです。ご自身が難病で、生と死を科学者として感じられた柳澤さんの本は、哲学書でもあり、じっくり味わうには最適な時期かもしれないな、と思い、この本をみんなで読んでみよう、と思いました。放射能のオバケと相対するのですから、ちょっと勇気がいるし、読んだ後、フ~ッとため息が出るかもしれません。
 そんな時でも、読んだ後には、みんなで美味しいものを頂きながらおしゃべりをしたら、きっと和めるにちがいない、と思うのです。
 それも、あちこちでポツポツと開かれたらいいな、と思っています。その時にみんなで共有できる、心がけたらいいな、と思うポイントを記してみました。(←このポイントについて、いろんな捉え方があり、“制約”となったり、言いたい事が言えなくなるのを避けるために、個人的にお伝えすることにしました。4/26変更)

 私は5月からできるかしら。ちょっと楽しみです。(4/26追記:3か所での開催が決定しました。近日中に次のブログで詳細をお知らせしますね!)
[PR]
by artemis-journal | 2011-04-24 00:52 | 社会

せんだい・みやぎNPOセンターの活動内容

  お気に入りに入れてね! リンクもうれしいです。
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆

☆★月のやさしさ日記もよろしく。☆★

昨日のジャーナルでご紹介したせんだい・みやぎNPOセンター
代表理事の加藤哲夫さんから、下記のようなメールを頂戴したので転載いたします。

∞…∞…∞…∞…∞…∞…∞…∞…∞…∞…∞…∞…∞…∞
当センターのような活動は、現場の炊き出しなどをやっているわけではないので、
活動がわかりにくいと思います。

この約20日間に立ち上げたセンターの救援活動支援の一端をご紹介します。

1.「大震災NPO連携ネットワーク会議」という地域のNPO、それに企業も行
政も参加する大きな会議を、せんだい・みやぎNPO他複数団体の呼びかけでつ
くりました。メーリングリストも動いています。そして、物流部会と子ども支援
部会が動いています。いろいろな団体から持ち込まれる提案や支援とこまごまし
た支援要請は、このメーリングリストで各地の支援拠点や支援者とつながってい
きます。実働している地元団体の参加が多いので、即戦力部隊ですね。

2.みやぎ連携復興センター http://fuda.jp/saigai/archives/292 も立ち上
げました。これは、
・被災者をNPOとつないで支える合同プロジェクト(略称:つなプロ)
・認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム
・公益社団法人仙台青年会議所
・一般社団法人パーソナルサポートセンター
・NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター
の5団体が中心なっているセンターで、連携して復興することを、団体間コーディ
ネートを中心に行っています。1.と違って、かなり大きな話を進めることが多
くなっています。

3.つなぷろ http://blog.canpan.info/tsunapro/ です。これは、IIHOEの川
北さんにも関わっていただいている大きなプロジェクトで、外からアセスメ
ント部隊を入れながら、避難所でのスペシャルニーズ(←マイノリティニーズと
いう言い方もしていましたが、私はスペシャルニーズと言ったらどうかと思いま
す。少数者、ハンディキャップパースン等のニーズ)に応えていこうというもの
です。いよいよ本格的に動き出しています。せんだい・みやぎNPOセンターは、
プロジェクトの構成メンバーであり、地元自治体やNPOとのつなぎ役として動
いています。このアセスメント手法を使って、既に多賀城市では、サポートセン
ター職員が避難所をまわり、市へ提言をしています。一過性のボランティアでも
なく、タテ割りの行政でもなく、私たちだから提案できる方法を実践していると
理解ください。

4.仙台市市民活動サポートセンター http://www.sapo-sen.jp/
  仙台市シニア活動支援センター http://blog.canpan.info/sendai-senior/
  多賀城市市民活動サポートセンター http://www.tagasapo.org/
                   http://blog.canpan.info/tagasapo    
 以上の3施設は、市と話し合いを重ねて、仙台市は既に、多賀城市はもう少し
経ったら、災害救援の市民活動に特化した支援センターとして時期を限って開館
することになります。暖房がまだなど、通常の市民利用施設としては条件を満た
さない施設を、安全を確認した上で、緊急時の支援活動に活かすという選択をし
ていただきました。名取市のセンターだけは、施設の破損がひどく、担当課が被
災者対応に駆り出されて方針が立たず、待機状態ですが・・・。

5.災害救援活動情報サイト http://fuda.jp/saigai/ 
 以上のようなセンターの活動を常時発信し続けるサイトとして開設しました。

もちろん、以上の活動以外にも、さまざまな問い合わせ対応とコーディネート、
それに通常業務の山との格闘があるわけです。

上記の活動には、もともと予算がゼロだということもおわかりいただけると思い
ます。
今回ご寄付をいただける資金は、上記のような活動を支えるセンターの資金
として、適正に活用させていただきます。
∞…∞…∞…∞…∞…∞…∞…∞…∞…∞…∞…∞…∞…∞以上

[PR]
by artemis-journal | 2011-04-01 22:48 | 社会