<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

吉祥寺は思い出の街に

  お気に入りに入れてね! リンクもうれしいです。
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆


 町並みはどんどん変わります。

 大好きだった吉祥寺が変わっています。地元の小さなお店が立ち並んでいたハモニカ横丁は、今や観光客までやってくる新しい店に様変わり。私の記憶の中にあるハモニカ横丁っていうのは商店の町並み。新しいものと古いものがうまく混在していたけれど、だんだん古いものは失われつつあります。

 武蔵野独自だった「ロンロン」というモールが「アトレ」に。オシャレ度は随分アップしたと思います。でも、JR東日本駅が管理するアトレです。若者向けのセンスで、和のエッセンスなどもキラリ。花屋と言えば、お決まりのあの店が入って…。エキュートとしてエキナカ(駅中)にある一連のお店と連携してます。輸入品などもとっても楽しめます。

 昔のロンロンにあった傘の専門店のおじさんの、折りたたみ傘の扱いは見事だったなぁ。傘の魅力を語ってくれて…。でもアトレには入らないんですよね。

 そういえば、吉祥寺の老舗のお店も変わってしまって、あるお店なぞ、おいしいコーヒーで有名だったのに、なんと温めなおしの見事にまずいお味。それでも、“名所”には並ばないと入れません。

 近鉄→三越と変遷したデパートも消え…。吉祥寺の独特の雰囲気を保っていたマダムの三越。客層が違っていましたもの。伊勢丹もなくなり、10月には三菱商事の扱いの新しい専門店。アトレに続き、またもや資本投入された新しいお店がやってきます。そう、若い人のための。

 吉祥寺の文化。一軒ずつの個性のあるお店が消え、資本が支えてくれている店が力強くなっていきます。
 「小さくてもいい、店を出したい!」という夢をかなえる町は、今はもう、ないのかもしれません。

 私の行きつけのお店のいくつかは、オーナーが自ら手掛ける一店舗だけのお店が多いのですが、そういうお店って、今の吉祥寺の土地の価格ではなかなかやっていけないのでは、と気になります。
 たとえば、コーヒー1杯が700円。落ち着いてゆっくりできる20席にも満たない小さなお店。場所柄、きっと家賃は高いでしょうし、更新料などもあるから、やっていけるのかしら、とお客の私が心配します。
 吉祥寺は新しいお店ができては消えて行くアブクのようなもの。雑誌がそれを煽りながら…。雇われ店長さんやらアルバイトさんで成り立つお店の数々。

 私の大事な吉祥寺は、井の頭公園と数店の通い慣れた大事なお店だけに絞り込まれてしまうのかしら。そう言えばこの1年ほどは、帰りがけの吉祥寺での寄り道はなくなり、直帰している私。吉祥寺を歩く時は用事をこなす時だけ。私にとって、もう、「文化としての街」の魅力は限りなくゼロに近くなってしまいました。
[PR]
by artemis-journal | 2010-09-18 00:05 | 生活

三鷹たべもの村

  お気に入りに入れてね! リンクもうれしいです。
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆


 「初めてですか?」と尋ねられ、「いえ、10年ぐらい前かしら、あ、5年ぐらい前に…」と辿ると、子どもが保育園の頃はよくここでご飯してたなぁ。…とすると、15年ぐらい前になってしまいます。友だちの娘(今は30歳ぐらいかしら)が大学生の頃、ここでバイトをしていた時期もあったし、イベントではお弁当を頼むこともあったし…といろいろと思い出がよみがえります。



 2階までの階段は、昔をつなぐトンネルです。ガラガラ、と開けたドアの向うには、若いスタッフがふたり。そのお店は昔のまんまで、1990年代にワープしてしまいそう。「甲子園優勝の興南」の琉球新聞が貼られていることで、2010年だとわかります。
 お客さんは、年配の男性から若い女性まで、みんな夜の「食事」のためにやってきて、新聞を読んだり、本を読んだりしながら、定食やデザートを頂いて、帰りに二言三言スタッフと会話し帰ります。そして、お互い知らない者同士の気遣いをしながら……。この不思議なバイブレーション。
 常連さんばかりのようで、私のようなものが行くと「初めてですか?」ということになります。


 昼間の暑さの中にも秋らしさが出てきていて、6時頃外に出ると、既に日暮れています。陽ざしはぐっと秋。三鷹駅の南口まで文房具を買いに出かけた後、普段ならお茶の時間だけれど、真っ暗になってしまって、夕ご飯の気分。いつもは通らない裏通りで、昔から変わらない「たべもの村」の看板を目にして懐かしくなって…。
 隣駅の吉祥寺に林立するカフェやマクロビのお店とはまた違った「三鷹たべもの村」の安心感。アジのマリネにしろ、ヨーグルトケーキにしろ、そこには“家庭”として受けつがれた味があります。

 昔の外食は、食事の用意もしたくない私が疲れきっている時でしたから、こどもたちには家庭的なおいしい食事を! と出かけていたのが「たべもの村」。ちゃぶ台の向うでこどもたちがわいわいしている声が聞こえてきそうな、センチメンタルな秋の一夜となりました。
[PR]
by artemis-journal | 2010-09-11 11:14 | おいしい

品がない

  お気に入りに入れてね! リンクもうれしいです。
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆


 北野武(映画監督、テレビタレント、俳優)の8月初旬のサンケイ新聞のインタビュー記事(2011年2月ごろまではリンク有効。)を読んで、「お笑いタレントのあなたはそれを煽っているのかと思ってたのに、へぇ~」という印象。

「今の日本って、品がいいとか悪いとか言わなくなったね。おれらが子供のころは、そば屋に行列するとか立ち食いとかは恥ずかしいという感覚があったけど、今は、みんな立ってものすごい勢いで食べてる。どうしてこう下品になったか」

「電車の中の化粧なんて、酔っぱらいの立ち小便と同じようなもんだけど、平気でするようになっちゃった」


 下品と言えば、歯を出して笑顔を作れ、というマナー講師がいらっしゃるけれど、これは良くないです。一度見たTV番組で、社員の教育ということで、「歯が出てない!」と大声で叱りつける場面。それが売りなのでしょうけれど、そんなやり方で印象づけなくても…。一人なら良いのですが、みんながやると、全体的に品位が下がっちゃいそうで怖いです。
 書店で平積みの“歯の方”の表紙を観て、ちょっと悲しくなってしまいました。特に若い方々には、「笑顔は口先ではないからね!」と声を大にして言いたいです。みなさん、くれぐれも真似をしないように! 
 歯をむき出しにするのは、顔面体操にはいいけれど、人様に対しては失礼にあたります。
 マナーは自分の思いは脇におきつつ、相手(お客様)の気持ちの方向に添うことが大切。相手が何を求めていらっしゃるのか、また、何を悩んでいらっしゃるのか、その辺の感度の良さは重要。

 逆説的になるのですが、ディズニーランドでのスタッフの笑顔、よく、これだけ感情を抜いた笑顔ができるなぁ、と感心したことがあります。
 お客様のために、まったく面白くない(であろう、時に腹が立ったり不快であろう)仕事でも、「作り笑顔」でとっても元気に仕事をこなせているわけです。
 単純な私などは、気分を概して相手にあたりそうだと、「口角あげて、まず笑顔」という技を使うことがあります。爆発しそうな感情にも、「作り笑顔」でなんとか和らげて。(^^; 利きますよ。落ち込んだ時にも使えるし。(ただし、歯はむき出しにはしません。)
 作り笑顔って効果あるので、活用しない手はないです。

 人生経験豊かになると、「そんな事、どうでもいいじゃない」と思い、若い頃のように「恥ずかしい」と思うことも減り、どんどん厚かましくもなり…。そこんところを自覚しつつ、毎日をのびのび過ごしたいものです。
[PR]
by artemis-journal | 2010-09-07 19:20 | 生活

東京ジャーミイ・トルコ文化センター

  お気に入りに入れてね! リンクもうれしいです。
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆


 ある日の午後、代々木上原のモスク、東京ジャーミイを観光。以前、クリスチャンの友人が訪ねて行って「とってもきれいだし、行くといいよ~」と教えてくれていました。イスラム教というと、かのテロ事件のイメージが色濃く、敬遠されがち。
 東洋と西洋の接点で食もおいしいし、芸術文化も素晴らしい歴史があり、私はトルコが大好き。
 トルコのボスポラス海峡で船に乗っている二人のおばちゃんが、「MUJI」の袋を座席の脇に置いている大きなポスターが吉祥寺の街にあります。ちょうど横断歩道の前なので、信号待ちの瞬間にも、懐かしい旅の思い出が蘇ってきます。
 3歳、8歳だった頃の子どもを連れての旅で、英語はほとんど通じないし、四苦八苦していると、あちこちから声をかけてくれる人たちがいて、身振り手振りで助けてもらい、日本ではあり得ない親切(>_<)をいっぱい受けました。

 そして、イカツイおじさんまでも、子どもたちをとってもかわいがってくれるのは、イスラムの教えなんですね。
b0002916_12112968.jpg

b0002916_12104047.jpg


 今回訪ねたのはラマダン(宗教的断食)の時期。日が暮れてからの晩餐の食の準備に、モスクにはおいしそうな香りが立ち込めていました。
 礼拝もしないのに、「6時半からよかったら食事をどうぞ」とお誘いを受けたほど。(そこで「イスラム教に勧誘されないの?」と多くの人は心配するわけですが、そんなに短絡的に考えない方がよさそうです。)

 井の頭通りを走っていると尖塔が見えてきます。
b0002916_12123752.jpg

b0002916_12132011.jpg


 女性は2階で礼拝。
b0002916_12135578.jpg

b0002916_1214119.jpg


日本とトルコは歴史的に友好な関係にあります。
b0002916_12153465.jpg

b0002916_12171792.jpg

[PR]
by artemis-journal | 2010-09-04 12:21