<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

スタバのワンシーン

  お気に入りに入れてね!
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆

 最近スタバに行かなくなったのはなぜだろう? 昔は、アメリカ並の広々としたテーブルやソファの配置で、ほっとできる感じがあったのですが、今やどこのスタバも身を捻りながらトレイを持ち運ばねばならない狭い動線空間。これが私にはイヤなんです。空間内、人の密度が濃くなると雑音が際立ちますしね。

 と言いながら、久々に立ち寄ったスタバで、後から幼児連れのおかあさんがココアを頼んで着席。さっそく取り出したプリント。かわいい女の子は塾の帰りのようです。
 「よくできたね~」「頑張ったね~」と赤マルのプリントに子どもの頭をなでなで。×のページでは「お話聞いてなかったでしょ」
 女の子はおかあさんに分けてもらったココアをおいしそうに飲んで、ナプキンなんかでこちょこちょしてました。プリントチェックが終わったらおかあさんはかわいい柄のノートを取り出し、「617」「5192」と、まるでそろばんの「願いましては~」の感じで読んでいます。女の子はおかあさんの合間につぶやいています。
 しばらくそんな“雑音”が聞こえていましたが、おかさんが突然、「違う」というので、私が「?」と目をやると、実はおかあさんの数字の逆読みをする、という「お勉強」をしていたわけです。母「384」子「483」、母「6379」子「9736」という具合。
 しばらく4桁をやっていると、だんだんこどものスピードが落ち、間違えがでてきて、完全にこどもの気はそれています。もうヤダ、っていう感じ。実は私、そのトレーニングについつい引き込まれ、私が逆読みを唱えていたわけです。(^^;
 私は途中で始めたから面白がっていたのですが、こどもはもう、スタバのざわめきの中、やる気は失せています。おかあさんはまだやらせたいのだけれど……。ついにはナプキンに数字を書かせて確認をとっています。でも進まないので、「ちゃんと数字をイメージして」と注意を促して席を立ちました。

 昨今はこういったお勉強シーンに出会います。以前は、ファミレスで似たような光景を見ましたし、電車の中でも塾通いの親子にこういう場面があります。

 「こどもにとって、公の場で“お勉強”ってどうなの?」
 「場所を選ばず、寸暇を惜しみ、集中力を養い、勉強に励んでいるのだろうか?」
 「こどもにとっては、おいしいジュースやお菓子を食べる楽しい場所。そこにお勉強を持ちこまれて、どうなんだろう?」

 高校生や大学生がカフェ勉するのはわかります。でも、幼児組、あるいは小学生の塾の定期テスト(模試)帰りの子供たちが、親と一緒にカフェで答え合わせっていうのはどうなんだろう? 時に責められ、時にほめられ、というのが公の場であっても良いのだろうか? 「悪い」とは言い切れないのですが、でも、家庭と公共の場をわきまえた方がこどもの「教育」には良いのでは?

 最近は、こどもがあまり来ない、ファーストフードではありながら静かな大人の場所、“SST”での一杯のコーヒーに癒されている私でした。
[PR]
by artemis-journal | 2010-03-25 19:12 | 社会

ワールドリーフさんをお訪ねして

  お気に入りに入れてね!
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆


 今回の福岡への旅は、お取引先の皆様とはお会いできる見込みが立ちませんでした。でも、時間もあるので……と、朝の突然の電話でOKを下さったワールドリーフさんへ足を伸ばしました。
 鹿児島新幹線が通るというかわいい羽犬塚駅は、2月に新しくなったばかりだそうです。
 博多駅からローカルな電車に乗って、なんだか旅気分満喫です。鳥栖の駅前にはスタジアム。J2のサガン鳥栖ってここなのね!

アロマショップのワールドリーフさん、広々とした明るいお店は、ご姉妹おふたりのお店です。地元の方の作られているメーカーの布ナプキンと並んで、「月のやさしさ」もこんな風において下さっています。b0002916_20312752.jpg
b0002916_20315754.jpg
 「布ナプキンがあるお店として、探して訪ねてきてくださるんですよ」という葉子さんのお話。まだまだ実店舗ではお取り扱いが少ないですものね。
 良い香りと共に、やさしさがいっぱいが感じられました。布ナプキンの専門店はネットでは多いけれど、足を運べる専門のお店なんてありません。こうやって、アロマのお店や肌着のコーナーに置いて頂ければ、実際に「月のやさしさ」の肌触りがわかって頂けてうれしいですね。お取り扱い頂けるお店に感謝です!
[PR]
by artemis-journal | 2010-03-23 20:35 | 布ナプキン

目から太陽、洗濯船、晴れたり曇ったり、???

 3月中旬、所用で母や妹と福岡へ出かけました。市内に住む娘も合流して、20代から70代まで。3世代の4人が揃うとなんとも華やか!

 楽しみにしていた土曜の晩の夕食は、シャンソンのライブもあるというお店「洗濯船」へ出かけました。b0002916_19262556.jpg大正時代の民家を改造したその店の造りは「どうなってるの?」と探検したくなります。前日に立ち寄った居酒屋「目から太陽」で、そのアートな部分に惹きつけられて、姉妹店の「洗濯船」へお出かけです。ちなみに本店は40(45?)年の歴史があるそうで、店名は「晴れたり曇ったり」だって。

 b0002916_1927212.jpgいやぁ、名前が突飛で、建物も、お店の人たちも、とっても楽しかった! 最近のこじゃれたカフェとは対極にある濃い居酒屋です。そして、味にうるさい4名を満足させてくれました。


 b0002916_19343438.jpgシャンソンを歌ってくれた香月まさこさん(オーナーのお連れだとか)が書かれた大胆な絵の数々。絵のみならず、メニューもご覧のようにでっかく、サービスも大判振る舞いなんです。b0002916_1929342.jpg
 基調は赤なので、うす暗くても、なんか元気になってしまいました。


 そこで4人はモリモリと食して、最後にはこんな大きなおにぎり!b0002916_19274556.jpg
 大食いには程遠いはずの一族ですが、たまには、こういう豪快もいいもんです。次回、福岡に行ったら、「晴れたり曇ったり」で一杯が楽しみ!!
[PR]
by artemis-journal | 2010-03-23 19:49 | おいしい

湯浅誠さんのTV番組(NHKスペシャル)を見て

  お気に入りに入れてね!
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆


 滞在先のホテルでテレビをつけると、湯浅誠さんが内閣府参与に就任してからの100日間の奮闘の様子を追ったドキュメンタリー番組『権力の懐に飛び込んだ男100日の記録』が始まり、見入ってしまいました。

 印象に残っているのは、「国にはもっと力があるかと思った」という彼の言葉。

 行政の縦割りによる、「厚生省の管轄、文部省の管轄」という陳腐なやりとり。
 湯浅さんはどんな相手に対しても、ていねいに説明し頼む姿。人柄なのでしょうか、それとも苦労のたまもの?

 今の社会、派遣切りで職を失い、住まいを奪われた人を社会で支えるシステムがありません。
 「結局は当事者の立場に立てないのだ」と口にした彼の言葉は、今の日本社会の冷酷さ(自己責任のおかげ?)のキーワードではないでしょうか。
 国も省庁ごとで管轄があり、自治体も部署ごとの守備範囲が限られ、「ポスター掲示など、できることはやっています。」と応える都の職員にやる気は感じられず……。「今の仕事だけで忙しいのに、余分なこと持ってこられても……」っていう感じの職員。「できません」という態度があからさま。気概など皆無ですよね。それに、プロの相談窓口の職員に対し、湯浅さんが指南する姿に、「それがあなた方の仕事だったんでしょう?今まであなた方は何をやってきたんだろう……」と思わずにはいられませんでした。

 ここ数年の失職状況は、不況とは別の次元で社会の“異常事態”。大卒が職につけず、高卒の就職率が53%そこそこの実態を「今やあたりまえ」ってのは怖いこと。

 湯浅さんは年末年始の仕事を得られない人たちの「年越し派遣村」をまとめ、社会システムをなんとかならないか、と一時しのぎでない社会のあり方を提示しながらも、細切れに分断された行政の組織体制のため、思うようには運ばず、番組を見ていてずいぶんと歯がゆさを感じました。

 このドキュメンタリー番組の“舞台”となった代々木のオリンピックセンター。700名以上の人たちが集まったそうです。「でも、あまりたくさん集まられても……」と年越し派遣村について公表を渋る役人。
 オリンピックセンターの全体の館内放送をすることすら、「非常時用だから使えない」と断られている場面。その「許可」を取り付けながら、ひとつひとつ投げ出さずに交渉する湯浅さん。
 「そういう事務的な事を、他に誰もやる人いないの?」 彼のために一緒に動く心ある役人はいなかったのだろうか? 
 鳩山政権の目の付けどころは良いのだけれど、従来型の行政がそれについて行っていないのがよくわかります。この社会の生き難さは、政治の問題だけではないと思える、行政のシステムです。
b0002916_18583633.jpg

 そのオリンピックセンターで3月初旬に「布ナプキン協会」の立ち上げ合宿を行い、その時、受付の裏のコーナーに、年越し派遣村から3カ月たって、未だ消されることなくホワイトボードの書きこみがありました。

 湯浅さんの仕事ぶりは誰も頭があがらなかったはず。でも、それを支援し、一緒に盛りたてようとした首長も少なかった事実。加えて、国民の意識がそこには向いていなかった、ということもわかりました。

 昨年春だったか、私も湯浅氏のお話を伺う機会があり、「この状況なんとかならんものか」と思い続けていました。社会的企業として13年間、私なりに「アルテミス」という場で頑張ってきたつもりですが、“不適正価格”にまみれた安売商品が喜ばれる社会の中で、「紛れずに輝きを見つけてもらえるのだろうか?」 と考えてしまうこともままあります。
 
 今、夕刊を見て、小泉政権で壊された法律、労働者派遣法がやっと改訂される、と載っていました。少しは良き方向に進みます様に。
[PR]
by artemis-journal | 2010-03-17 19:07 | 社会

町屋塾 in kanazawa

  お気に入りに入れてね!
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆

 金沢への訪問も今回でとりあえずおしまいです。
 最後なので、あそこもここも、と出かけたい所がたくさんあったのですが、今回はトンボ帰りに近い状態でした。
 空港でレンタカー、最初に訪ねたのが、東山にオープン予定の町屋塾。知人の紹介を頂き、訪ねたいなぁ と思ってご連絡をしました。
 京都の町屋(町家?)は玄関から奥まっている作りだけれど、金沢の東山の町屋は横に長いとか。
 新しくオープンなさる町屋塾は、ダンスやヨガなどのレッスンを兼ねて使える場所として、木の床の広いお部屋。b0002916_0555590.jpg
 その奥にはカフェコーナー。
 「お昼はまだでしょ」とご用意下さっていたのが、ワカメうどんに湯葉巻き、そして珍しい地元の海藻の小鉢など、大きなカウンター越しに、おもてなし下さいました。
 カウンターの上にはこんなにかわいい電気がついているんですよ。

 お話を伺うと、昔は満月ごとにダンスをされていたそうで、月のペースを大事になさっておられる生活。帰りがけに本棚に並ぶ本を拝見すると、女神関連の本が私の書棚と同じ! 小田まゆみさんの『女神たち』を読まれていて、白山の十一面観音のお話が出てきて、ご縁の深さにちょっとびっくりしました。(私たちが白山を訪ねた時のお話なんですよ。)
 このご縁が、どこかでまたつながっていくことでしょう。
[PR]
by artemis-journal | 2010-03-08 01:00 | おいしい