<   2008年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

目に見えない世界

アルテミスのトップページはこちらへ。
トーク&ワークショップ 10/26 女性エネルギー問題~女は尽きない資源を持っている~の受付が始まりました☆

 目に見えない世界、それは、気持ちにつながる精神世界だったり霊的なお話しです。
 時に宗教であったり、透視であったり、予言であったりとさまざまです。守護霊というのもあるようです。
 私も関心はあります。
 それに、神社仏閣のお参りが趣味(?)みたいなもので、どこでも機会があればお参りをします。(^_^)
 戦後の日本には「無宗教」が敷かれ、私なんて家庭でも学校でも、「宗教性」については学ぶ機会を一度も持たずにきました。というより、宗教は胡散臭い、そんなイメージでした。
 でも、不思議なもので、前世がどうの、とか不思議体験があると、がぜん「見えない世界」に関心が出てくるものです。
 ところが、その見えない世界にはまると、どうもあまり良い結果が出ないようです。
 今やネットがあるので、興味があればなんでもすぐ検索してすぐつながってしまいます。
 そこで、免疫がない人は、即座に影響を受けます。
 でも、それが良い影響とは限らないのが困ったことです。悪い場合もある‥‥。
 例えば瞑想中、影響を受けやすいタイプの人が「不思議なものが見えた」「メッセージが降りた」などと耳にしますが、それは、「誰からの」メッセージかというのは関係なく、不思議な「体験」にワクワクしてしまうようです。
 で、そういう事から人間関係が壊れて行くのを見聞きし、良くないよなぁ、って思っています。
 行き詰った現実からポンと違う世界に入りたい衝動にかられることなどは、私もあります。
 でも、それは結局うまく行かないことになり、遠回りになっていることも体験済み。
 現実の世界というのは、よくできたもので、私たちがこの世界において「成すべき事」があり、掃除や洗濯、お世話をする、という実に地味なことを、はしょれないようで‥‥。
 それをいい加減にすると、あとあと良くない結果を生んでしまうようです。
 昔々の八百万の神々の元で生活をしていた時代のように、「お天道様が見ているよ」という自分を律するものがあれば、まず間違いは起こらないのでしょう。
 ただ、自分の心に正直に行動する、というのは、「安直に好きな事だけ」というのとは違って「善悪の判断」「他人との関わり」と多様な側面から見て「これで間違っていないかな?」とひとつひとつ「確かめながら過ごす」ことなのかもしれません。だって、間違った判断をしたら、修正しなければいけないでしょう? 
 気づきの目が必須。
 なんでこんなことを書いたのかっていうと‥‥。
 私の周りで、自分たちを育ててくれた恩師に対し、後足で砂をかけるようなことをしている人たちの話を聞きました。え~!!っと驚き。 実は「見えない世界」の話が絡んでいて、こればっかりは、自分で気づくまで仕方ないよなぁ、って悲しい思いになってしまったのです。
 世の風潮として「見えない世界」が流行っています。
 確かに何かにすがりたいような社会ではあるけれど、選挙にも行かずに、自分の責任も果たさずに、「霊」や「見えない世界」に逃げ込むと、社会は壊れ、後のツケも回ってくるでしょう。
 まずは自分の手で食事を作り、生活を整える。それができていない時には、「見えない世界」もいい加減なメッセージを送ってくるのかも??
 「見えない世界」の力で成功した人の話しは私は一人も知らず(ご本人たちだけがシアワセになった人たちはいますが)、何故か困ってしまっている人ばかりを知っています。
 精神的にも身体的にも修行せずに得た「不思議力」ほど、無謀で危険なものもないのでは? と思う私です。
 我が子たちに口をすっぱくして言っていること「生活を整えなさい!」それができて、やっと次のステップなのです。乱れた生活で学校の成績アップしても、大人になって良い仕事を成し遂げる人にはなれないよ!(きっと)
[PR]
by artemis-journal | 2008-08-20 10:38 | スピリチュアル

尾瀬とフラワーエッセンス

  アルテミスのトップページはこちらへ。
トーク&ワークショップ 10/26 女性エネルギー問題~女は尽きない資源を持っている~http://feminergy-labo.pef.jpの受付が始まりました☆
 オリンピックや甲子園の熱い闘い。外気温の暑さも相当なもの。クーラーを使わない、という頑張り屋さんも大勢いるのですが、お年寄りや体の弱った方には、上手に体温コントロールができずに、疲れやすくなってしまいがち。周りでも熱中症、なんて聞きます。
 私は夜、エアコンなしで寝ると、数時間置きに目覚めて、寝不足で辛い思いをするので、快眠できるようエアコンもつけたり消したりしながら、です。
 そんな寝苦しい東京から尾瀬に。初めて出かけた尾瀬は、写真で見てきた「美しい自然」ばかりなので、山登りだとは思わず、ハイキング程度に思っていたら、いやいや、標高差は600メートルとは言え、それなりの登山が待っていました。
 それも若い30代の男性が20名以上、登山に慣れた年輩の男性数名と、私は数少ない女性の最高齢ではないですか!
 尾瀬の自然から学ぶ、という職員研修にオブザーバーで参加させて頂いたのですが、夜の交流会など、久しぶりのワイワイ。
 今回はネーチャーガイドの方々の丁寧な解説で、高山植物の名前や由来も教えて頂き、贅沢な山登りとなりました。ガイドのお一人は背が高く山伏のように足が速い。いやぁ、爽快でした。
 さわやかな尾瀬から帰って、筋肉痛を心配していたので、そのまま近所の温泉に‥‥というのを思いとどまり、翌日、泳ぎに出かけ、うーん快調!
 1週間たった昨日は、プールで30分近くも1コースを占有できたので、1キロのロングを泳ぐこともでき、体力増強に拍車をかけています。
 この春からフラワーエッセンス(FE)の勉強会に参加し始め、植物にちょっとだけ関心を示しています。そして、FEはその「エネルギー」を頂くようで、自分の心の癖に焦点を当て、ふさわしいエッセンスを探していきます。
 尾瀬では戦後、育ちの速いカラマツの植林をしていて、今は自然林に近いブナを植林しているそうで、FEでのカラマツやブナ、と話しも興味深くなりました。
 講座の中では「オーク(樫の木)タイプの人だ」、なんていう言い方をして納得しあうのですが、オークは映画「ロード オブ ザリング」でも人格化して出てくるので実に分かり易い例。物知りのおじいさんで頼りになるって言う感じかしら。
 現在、私のFEでの処方は「物事へのプライオリティがつけられない」ということが最重要課題。
 で、それに合わせていろいろお試し中。効くかな??
 少なくとも、体調は良い感じ(肩・首こり以外は)。FEのココロの部分への効果もそっと見ています。
 今は、ただただ泳ぎながら悩みを解消していくのが手っ取り早くもあります。
 私のテーマ、カラダとココロ。元気なココロがカラダをサポート。元気なカラダでココロもにっこり。どっちも大事。ついでにアタマも活性化?!
[PR]
by artemis-journal | 2008-08-10 08:53 | 健康