<   2008年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

環境問題のウソ?? 本質を探る努力

 アルテミスのトップページはこちらへ。
ショップでアウトレットBを数量限定販売です。ただいま「Sセット」のみ☆

 前回の8日付けの「環境問題のウソ??」の続き。
 『ほんとうの環境問題』(池田清彦 養老孟司 新潮社)を読むことに。
 私に不足している「理系の頭」のおふたりのお話ですが、とても簡単に読めました。
 現代の環境問題の手落ちの部分に触れられているので、そうだよね、と思うことがあります。それに、アメリカ批判は軽妙。
 しか~し、「環境問題の本質」という意思が書かれているというのですが、「あれ?そう?」と私には「?」がモコモコと発生。

 何万年前といった恐竜時代の生物や地球物理の事と、私たちの生きる人間の寿命をひとつの単位に考えた50年、100年という話について、比較の仕様があるのでしょうか?何を基準に語っていくのが科学的でしょうか?

 人口増加が抑制されるのなら自ら命を絶つ者や、乳児が亡くなっても、それは統計的には増えてはいかないことにもなりますが、それはダメです。でも、アフリカで人口増加の懸念がされないのはエイズのためという悲しい事実。これがデータの読み取り。文系の頭でもそのぐらいのことはわかります。

 読後感想として、そういう細かな事をその地域に合わせて考えて行くと、ズームインしてみたり、ズームアウトしながら、環境問題を見ていかなければならない、と痛感します。私、日本という括りから、世界という見方までいろいろです。
 宇宙には回収できない使い終わったロケットなどを放置している、つまり、ゴミ?という現実もあります。(果たしてそれで良いものやら私には皆目検討がつきませんが。)

 国レベルでの政策決定は、高齢化に合わせた医療や福祉など、10年後では間に合わない「短期目標」を達成する必要があります。農業政策(米やら畜産など)は今日、明日にできない、最低1年、成長には時間がかかります。数年先を予測し、考えていかなければならないことまでさまざま。

 少子化問題をとっても、単に人口問題で見るか、あるいは、社会的な問題として「なぜ、子育てが難しい現状なのか」と考え、住宅や教育や健康、いろんな事に話は派生していきます。

 前出の本を読んでいると、私は“目の付け所”では同調しても、結論の導き方に異論反論を持ってしまうという読後感です。

 環境問題の“目の付け所”については、下記のサイトを理解した上で、「環境問題のウソ」関連の本を読むと、いろんなことにと気づく良いきっかけとなります。

●ココが知りたい温暖化 http://www-cger.nies.go.jp/qa/qa_index-j.html
 
 環境問題(だけではないけれど)については、他人の受け売りだけで語っていると、つっこまれてわからなくなったり、誤認したり。
 本質を探る「努力」を怠っていると、“ブログ”の類に煽られもします。時に、ひどく落としいれられて、深く傷つく人もいますのでご注意を。

 顔の見えない社会と自分のつながり、そして感情。そんなことについて、いつかは書いてみようかと思っているのですが、なかなか書く勇気がおきないのです。私って見た目より傷つきやすかったりして。(^^;
[PR]
by artemis-journal | 2008-06-17 17:31 | 環境

環境問題のウソ??

 アルテミスのトップページはこちらへ。
ショップでアウトレットBを数量限定販売です。ただいま「Sセット」のみ☆

 最近いくつかの学習会や講演会に出かけています。
 環境関連でぜひご本人のお話を伺ってみたかった話題の本、『環境問題はなぜウソがまかり通るのか』(洋泉社)の武田邦彦さん(中部大教授)をお迎えしてのシンポジウム(主催:温暖化とリサイクルを考える市民懇談会)は収穫が多かったもののひとつでした。
武田邦彦さんのページでご自身がお書きになっていらっしゃいます。)

 国立環境研究所の森口祐一さん、環境省の世一良幸さん、内閣府原子力委員の松田美夜子さんを始めパネリスト総勢8名が一同に会し、武田さんの主張及に対しての討議を伺えるという豪華なものでした。

 半日で「温暖化」と「ペットボトルのリサイクル」の2テーマ。ちょっと詰め込み過ぎではありますが、パネリスト全員の方々が共有できる機会は貴重です。

 武田邦彦さんの論は著作を通して存じていたのですが、実際お目にかかると、ご立派な倫理感をお持ちで、多くの方々の支持を得ているのに納得しました。
 ですが、学者としての彼の研究手法やデータの扱いには、「えぇ~?違わない?」と科学データには疎い私ですら、ちょっとニンマリしてしまいました。
 「縄文・平安時代は今より気温が高かった」「日本にとって温暖化は良いことが多い」「日本・アジアにとって○△(白人嫌いのような文面あり)」という論調で、わかりやすいお話でした。
 「そうだよなぁ~」共感しつつ、でもあれれ? と時間差で疑問フツフツ。
 ちょっと丁寧に資料をチェックすると、工学者でありながら気持ち優先で、倫理的な思い込みの論が多いようですね。

 縄文時代の話と現代の比較について。
 (地球カレンダーは面白いですよ)
 地球誕生、生命誕生の歴史は46億年。6億年前に生物誕生。地球の寒冷化と温暖化は繰り返しています。
 猿人誕生700万年前、人類誕生は20万年前。(単位は億年から万年に変わる)その後、縄文時代(13000年前ぐらいから?)は晩氷期から一気に温暖化しているそうです。
 縄文人は今と違ったカラダだったでしょうし、自然淘汰された中で生き抜いていたことでしょう。
 私たちは、いわば「社会」という護られた器の中でだけ生きる事ができて、現代人が縄文時代にタイムスリップしても、生きのびられる人はどれほどかしら?
 縄文の温暖化要因は、人間の仕業じゃないですし。
 武田さんご自身、「100年前の馬車の時代と現代ではまったく技術の進歩が違う」とおっしゃっておられたのですが、比較の対象が縄文や平安では‥‥。
 
 次に「環境問題」として捉えているのは、現代社会の消費による他生物への影響をふまえた環境について。
 来年は生物多様性にフォーカスされるのですが、人間だけのものでない、生命体、植物やバクテリアも含め、連鎖する環境。
 武田さんは「温暖化は東北、北海道など生活しやすくなり、血管系の病気が減り、雪下ろしがなくなり省エネ。」とおっしゃり、「沖縄が暮らせないなら、もっと北へ住めばいい」、「仮に世界の一部の人に被害が出れば、それは個別対策で」というような感じです。
 ここには「連鎖」の考えが欠落しています。
 食糧・資源ともに悲しいかな、“ナショナリスト”にはなれない日本なんです。

 大学で教鞭をとっておられる先生として、学生たちには身近な事は分かり易いのですが‥‥。
 部分的に間違っていないけれど、何故か、総論では間違っていたりして。(^^;
 ひとりのおじいちゃまとして、ご自分の環境の倫理感を説くのはご自由に、と申し上げられますが、世論が動いてしまうと‥‥。
 データの扱いがとても自己流に思えます。「お気持ちはわかりますが、そうじゃないですよ」ということも。
 ある程度データを読み取れたら、何が間違っているか気づきますが、慣れていないと「武田先生の論はいかにも!」ということになってしまいます。
 以前、環境仲間でも、資料データの中に「ND」と記載され、「データがないってどういうことですか!」と詰め寄っている場面がありました。「N.D.(Not Detectable)は検出限界濃度未満」として使われているわけで、質問者の不勉強‥‥。
 基本的なことも知らないままで、加えて、「化学≒怖い」と決め付けの、感情的環境派が結構多かったりもします。その点、武田さんのわかりやすい本ですと、みんな納得してしまいます。
 もっともっと自分の頭で勉強していかないと、まずいんじゃないかって思いました。
 大学生は最近はWikipediaで調べてコピペ!というレポートも多いようです。(コピペのレポートを暴くソフトが出ているとか!)
 自分で考えて書く、ということをしないでいると、武田邦彦さんのおっしゃることに大きくうなずいて終わってしまいます。それだけなら良いのですが、武田さんの論を引き合いに出されてくると、おおいに面倒なことになってしまうようです。
 学会で認められ議論されるような論文と、専門家には相手にもされない論文もあるので、そこのところは、どうぞ気をつけてくださいね。
[PR]
by artemis-journal | 2008-06-10 17:13 | 環境