<   2007年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

おとなの品格

アルテミスのトップページはこちらへ。
ショップでアウトレットBを数量限定です。☆
 昨日は久々の胃腸の風邪で、ぐったり。1日でなんとか回復。せっかくの日曜日は、ちょっと動いただけで、疲れてしまうし、エネルギーが失せたような寒~い感じで、気力も萎えています。
 その延長線上で、今日もあまり気分は明るくないのですが‥‥。体力が回復したら、きっと気力も戻るでしょう。
 今週から、すし詰めの予定。途中で倒れたら大変だよなぁ、と思っていたところだったので、ちょうどよかった!(ポジティブでしょ!)
 このところ、仕事上でいろんな変化があり、10年目の区切りとして、今後のビジョンを描いているところ。こう書くと、未来はばら色なのですが、そうは行かないのが現実。
 先日、友人と温泉でまったり。いろんな話をしました。15年近く前から時折お世話になってきたその友人と、今年は急接近。夏には一緒にワークショップに参加し、「まるで修学旅行!」と久々の旅行に興奮。
 その彼女も来年から仕事を再開する、と決意した様子。お互いの状況や環境は違うのだけれど、でも、同じように迷いながらやって行こうとしているのは同じ。そんな気持ちを心の片隅に、一緒に歩めればいいなぁ、そんな感じでした。
 そして、会いたくてもなかなか都合が合わない友だちもいます。数年に一度、なんとか予定を合わせて会っている、という友だちも‥‥。
 「また今度ゆっくり~」という先送りでは、実現は難しいですしね。
 そんな友だちとの関係。今の私が、相手に友としてふさわしいのか?という見方をすることがあります。
 以前の私ですと、「友だちなんだから」と友だちには何でも話して、「ねぇ、聞いてよ」と愚痴を聞いてもらったり、迷いの中にいると、「どう思う?」と助言をもらったり、ということをしてきました。
 もちろん今も、そういうことはあるのですが、随分その話の意味合いが変わってきたような気がします。昔は事態を客観視できないまま、「その時だけの気持ち」を話すことが多かったように思います。
 また、友だちに対しても、以前は深入りするような“助言”をしたこともありましたね。
 今、それが無責任な事だと反省。(ちょっと遅すぎではあるが)
 そういうスタンスに立つと、私は友だちに対し、誠実であるために、どうあるべき? とそんな風に考えてしまいます。
 小さい頃から一緒に育ったような関係はまた別なのでしょうが、大人になって付き合いがスタートした友人関係では、その事を心に留めておけるのが良いようです。
 その時の感情をそのまま表すと、相手にはとても強く印象付けられてしまうので、真意から遠のくことがあるものです。
 あまりダイレクトに気持ちを話すと、相手の誤解を招きやすい。それがわかったからと言って、慣れないと、相手はよそよそしく感じて、急に「冷たくなった」って思われてしまいそうだし‥‥。
 その辺の頃合いを上手にできるのが、品格あるおとなかな、なんて思っている私でした。私でした。
[PR]
by artemis-journal | 2007-12-10 19:02

かんてんぱぱ

 アルテミスのトップページはこちらへ。
ショップでアウトレットBを数量限定です。☆
 このジャーナル、食の話が続いていますね。今日も食の話題、寒天。
 2005年にすっごいブームだった寒天、今もブームなのかどうかはわからないのですが、定着した感じですよね。
 寒天はカロリーゼロで、ゼライスと違って、温度が上がっても溶けないのが特徴。寒天断食などという方法もあったり、昔からの日本の食。私の知識はそんなところでした。

 で、実は1週間ほど前、ご縁があって初台にある「かんてんぱぱカフェ」に出かけて参りました。
 そこでアルバイトをしているという大学生の方のご紹介で出かけたのですが、とてもサービスしていただいて、いろいろお話を伺うこともでき、ちょっと感動。カフェにはいろんな寒天材料の食材がかわいらしく並んでいます。もちろんカフェでのお食事もおいしくヘルシー。
 そして、私たちが知らぬところで寒天のお世話になっていることも伺い、ほ~、っと関心してしまいました。
 研究のために菌などの培養に使われたり、増粘料だったり、落ちない口紅に使われたり、はたまた工作用の粘土とか、いろいろな形で使われているそうです。
 伊那食品工業株式会社が「かんてんぱぱ」の会社名なのですが、創業50年ほどのようです。
 寒天のシェアの95%を占めるらしく、南米にも海外にも拠点があるとか。
 伊那という名の通り、長野県にある、一代で築きあげた会社だそうで、会社を退職した方々が運営する「かんてんぱぱ農園」もあり、地域に根付いていることが伺えます。
 パンフレットなどを拝見していると、「こんな会社だと、会社への愛着もわくだろうなぁ」と思われてきます。働く環境を選ぶ際、こういう会社の良さに惹かれる人も多いのかもしれません。
 偽装だらけ食品会社は下請けに回したり、直営だのなんだの、誰の手を経て作られた食べ物なのか、会社の人すら知らないでしょうね。
 今度、伊那の広大な土地にある「かんてんぱぱ農園」を訪ねてみたいな、と思っています。
 
[PR]
by artemis-journal | 2007-12-02 00:07

日本の食

アルテミスのトップページはこちらへ。
ショップでアウトレットBを数量限定です。☆
 先週は「ミシュラン」で盛り上がっていましたね。テレビもラジオも新聞もみんな“三ツ星ミシュラン”のことを大きく取り上げていたのには、ちょっと驚きでした。いやはや「皆さん、お暇なのね」と、皮肉りたくなる私です。さすが世界に名を馳せるミシュラン(タイヤメーカーですものね)!ですね。
 美味しいところだったら、私だって行ってみたい!とは思いますが、まず、ご縁はないだろうなぁ。一生に一度は‥‥、なんていって、そんなところに、一人で予約して、Tシャツ並みのお洋服で出かけるわけにも行かないでしょうから。(^^; 
 と同時に、“食品偽装”の話題が続きます。なんかアンバランスだと思いませんか、日本の食の文化。
 “偽装”された食品で、何の事故が起こるわけではない現実。でも、消費者は騙されているわけです。
 賞味期限や消費期限、製造年月日、あるいは成分表示の記される順序など、“騙し”が入っています。
 ミシュランガイドでは、立派なシェフや板前さんに三ツ星が贈られたのでしょうから、それはそれでとても良いことなのですが、普段の庶民の食事がぼろぼろになっているような気がしてきます。これも格差社会の現れなのでしょうか。
 私は吉祥寺あたりで、お安く美味しい個人経営のお店が好みではありますが、なかなかそういうお店は生き残りにくいようです。
 同程度なら安いもの、という選択がされて当然ですしね。大量に仕入れ、安く提供できるお店にお客様は流れてしまうわけです。
 個人の小さなお店が、大資本にのまれない為にはどうだったらいいのかしら‥‥。
 ミシュランガイドの個性あるお店から学ぶことがあるのかもしれません。
[PR]
by artemis-journal | 2007-12-01 23:55