<   2007年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

散漫な気分から脱却

アルテミスのトップページはこちらへ。
 昔のように、夜半に仕事をする、などという不健康なことはなくなり、いわゆるオフィスアワーで健全な生活ができてます。(なのに、なぜか、それほど暇な感じはしないのですがね。)
 6時過ぎからアフター5のひとりのお茶時間や買い物。8時半ごろまでにひと泳ぎして帰宅。
これが理想。できない日が半分以上かな。
 このアフター5の使い方、私にはひとつの願いというか思いがあります。この時間がうまく活きると、仕事もうまく行きそうなのだけれど‥‥。
 今は仕事時間の集中力が今ひとつ悪い気がしてます。その仕切り直しをしているこの数日です。
 仕切り直しをすると、必ず「何故、自分がこの仕事を続けているのか?」という話にもなってきたり、少々頭の中がカオスになるので、タロットカードなどで、整理をしています。
 タロットや占い、っていうのは、「いいことを言ってもらいたいためのツール」になってしまうとまずいのですが、物事を客観的に見るには何よりです。
 今、手がけている仕事のひとつが、久々のブックレット作り。文章を書く、ということに集中しなければなりません。ところが、ノリが悪くて、集中を欠いているのです。今回は、座談会の編集なので、自分で文章を書くというだけではないので、いっそう難しいですね。
 わかっているのは、私は「そのこと」に集中しないと、あれこれと仕事を並行してこなすのは苦手ということ。他者から見える私の姿は、家のことも仕事もよくやっている、と映るらしいのですが、私のカラダは集中できないことに苛立っている感触があります。(夫など8本の会社のプロジェクトを走らせ、アフター5の仕事もいくつもこなしているので、ほんと、すごい! とは思うのですが、私の言ったことなどほとんど覚えていないのですよ。(>_<) ったく。)
 私の問題点はほぼ解明できています。「やりたい⇒できない」という構図の間の⇒の部分のナゾ。実はナゾでもなんでもなくて、自分のコントロールなのですが。
 この春から、仕事の時間はちゃんと取れるし、スタッフもとても良くやってくれているので、トラブルも少ないし‥‥。なのに、私は散漫な気分。ダメダメ、この散漫な気分をいかに仕事に集中させるか?
 カギはアフター5の過ごし方ですね。気分を盛り上げ、自分を「その気」にさせる、というワザはとても重要なのです。
 さてさて、そこまでわかっているならば、気分盛り上げて行きましょ、って。編集用の座談会の皆さんの原稿チェックも手元に戻ってきたところですし。
[PR]
by artemis-journal | 2007-06-08 15:56