<   2004年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

深まりゆく秋

 この季節、意味もなく、なんとなくしんみりしたりています。11月は小田まゆみさんの展覧会で、京都を数日訪れて、静かな町並みを歩き、いろいろ思うことがありました。
 東京にいると滅多にお目にかかれない道祖神やお地蔵様、そして小さなお社。
 京都の裏通りを歩くと、そういうなじみの薄い風景が印象に残ります。
 家を一歩出ると、町角の神様や仏様に見守られて育つ子供たち。「だーれも見てない」なんてことはありえないのです。人の目でなくとも、見守られて育つ、っていうのは、東京の子とは違う文化を身につけるだろうなぁ。
 小さな商店が並ぶ町並み。そこには必ず人目もあり、あちこちに会話が生まれています。「店先」というのがないデパートやスーパーマーケットのような箱型の店では、道行く人が立ち止まってオープンな会話は聞こえてきません。
 「来年は壊されてるかもねぇ」と思う位の古い番台のあるお風呂屋さんにも行きました。そこでも「今日は遅いんだねぇ」と常連さんたちの声。我が家の近くにも古いお風呂屋やさんがいくつかあるけれど、これほどの古さを保っている所はさすがにないですね。
 展覧会場だったギャラリーTerraも、元写真館だったそうですが、古い洋館作りで、大切に使われています。
 東京は空襲があったせいでしょうが、あまり時代を感じさせるものがないのが残念です。
 江戸の風情の残る浅草寺界隈ですら、外国人が好む刀や日本人形などの安物ばかりが目立ち、私に今ひとつ興味がわきません。
 毎日「あー、もうこんな時間」と思う日々。私はこんな生活でいいのかしら?(良いわけなどないが、どうしたら?)自問自答です。
 日中は北野天満宮界隈をゆっくり歩いた1時間ほどがあり、夕方は搬出のための荷造りにせっかちに動き、京都駅構内を走り抜け、新幹線に飛び乗った、日帰り京都の1日でした。
[PR]
by artemis-journal | 2004-11-22 22:51

あと4年、骨のある教育するぞ!

 ブッシュ再選では、「政策」ではなく、“福音派”の「宗教的倫理観」というものが勝因になったようです。私には危ない宗教に洗脳されたおバカたち、としか思えませんでした。
 アメリカはでっかいけれど、島国。日本の若者が好む東海岸、西海岸のアメリカ人はさすがにイラクへの暴策は許し難いし、ブッシュを賢人とはみなさなかったようです。
 しかし、内陸の人々は、他国(文化)を知らないようです。海外旅行へ行く人も数少ないそうで、ニューヨークやワシントンにでも旅行すれば、世界を知った気になってしまうのでしょう。
 アメリカで新聞というと、「地元新聞」が主流で、世界情勢は置いといて、地域の学校のフットボールチームのだれそれがどうした、ということが主流です。日本のスポーツ紙とタウン誌の中間ぐらいというところでしょうか。
 以前、アメリカ内陸の中学生たちをホームステイでお預かりしたときのこと。ひとりは日系だから、きっと日本に関心があるのだろう、と思ってました。しかし、彼らは「コカコーラは? いつショッピングに行けるの?」と文化に対する興味は薄く、日本食もほとんど手をつけず、ピザやマックでご機嫌。ホストファミリーとしては、学校見学や浅草などのアレンジに一生懸命だったけれど、電器店と安い店での買い物でがっかり、というのは我が家だけではなく、他のホスト役も同感で「まったくねぇ」とぶつくさ。アメリカの親からのメールも「○○さんへのお土産を忘れないように」っていう調子だから‥‥。
 彼らに「日本に交換留学で‥‥」などと言われてはかないませんよね。(私たち日本人はもっと恥さらしな部分もいっぱいあるようですが(-_-;))
 ブッシュ再選を批判しづらい私たち日本人。あのグータラ言葉の小泉首相の自民党に投票するわけだから。(選挙って、地縁と私利私欲だけって感じ。)
 「人道、復興、支援」は日本の被災地に向けて下されば結構ですが、どうも違います。少なくとも、戦争よりひどい破壊進行のイラクに“復興”はありえないですよ。
 イラクの町を戦車が横行し、民家で銃撃戦。戦争は終わったはずなのに、空爆。破壊の一途を辿るイラクの町。アフガンも同じでした。ファルージャという町はテロリストしか住んでいないかのように、総攻撃で制圧、そしてブッシュご満悦。私たちが平和をもたらした、とうそぶく。小泉がいい例で、いずれおどしひとつ(安保)で言うことを聞くようになるさ、と。
 ブッシュの“福音派”がきれいな教会でも建て、キリスト教の普及にでもあたるつもりなのでしょうか?
 アメリカの愚策で、軍需景気にでもなると思います? アメリカ人は、税金も高くなったとぼやいていたなぁ。たぶん世界の信頼を失い、失業率が高まり、4年後、自国の衰退を招くでしょう。米兵の志願兵がどれほどいるか判りませんが、戦死者の家族は「名誉」をまとい、悲しみ続けることでしょう。
 しかし、イラクでなくなる人々は、ほとんどが兵士ではなく武器を持たない市民です。ブッシュ=アメリカの無差別殺人は許せますか? ブッシュが殺人鬼でなくてなんなのですか? 歴史上で一番たくさんの殺人を犯したジョージ ブッシュ。
 加えて、今の戦闘状態の国で、自衛隊は決してイラクの“復興”に役立っているとは、思えないのです。
 ただ“殺人鬼”に逆らったら、という愚かな怯えのため、「日米安保があるじゃないか」と押し通す小泉政権。
 アジアは日本を汚い国、と見ているだろうな、と思うと淋しくなってしまいます。半世紀以上前の第二次世界大戦のことでも、中国や韓国には嫌われているのに加えて、なんたる日本の様。ヨン様~と浮かれてると、足元すくわれそう。
 だから、娘や息子が世界平和へ貢献できるよう、しっかり教育せねば!と心しているところ。
 「自立した人になるには反抗期が大切なんだ」と自分に言い聞かせる私でした。(^^;
[PR]
by artemis-journal | 2004-11-13 15:14

元気の素

 今日は髪を切りました。あんまりボサボサでひどかったので、急に思い立って。
帰ってきて、なんだか耳の調子がヘン。「あ、これは心労だな」と思いあたることが‥‥。
 高齢の私の両親は、二人とも持病があるので、二人暮らしというのは、なかなか大変。
 で、娘の私たちができる限りの手助けを‥‥、といっても何ができるわけでもありません。
 先日は病院の先生と今後の生活の方針を相談したりしたのですが、いろんなことを決めて行く必要がでてきました。「成年後見人制度」についても、新たにお話を伺い、そうだったんだ、と発見です。
 とっても良い先生で、本当に信頼できるのが、何よりうれしいですね。
 そんなばたばたした日々ですが、明日からは京都で小田まゆみさんの新しい本の出版記念の展覧会です。
 展覧会のお手伝いできることはとても楽しい仕事です。
 彼女がどんなことを目指し求め、元気にやってこられたのか、そんなことに触れると、いのちを育むという意味を、とても強く感じることができます。
 生きている今をできる限り豊かなものに、というのは、若い人たちだけではなく、死を迎える最期まで大切にしていたい、と思い始めています。
 私自身、どうしても子供や若い世代中心に考えてしまいがち。
 生きることって、等しく平等なことなんだな、ってあたりまえのことを再確認。
 明日のオープニング、京都のお近くの方々、読んでくださったら、どうぞお越しください。ぜひ、お目にかかりましょう!(東京近郊の方は12月に!)
[PR]
by artemis-journal | 2004-11-08 00:44

自分をみつめて

 「どんなにたくましく、朗らかな人でも悲しみをたたえているもの」
 「どんなに辛い日々にも、笑いのかけらは転がっているもの」
 自分の姿を、情けなくとも、辛くとも、じっと見なければ、と自分に言い聞かせ‥‥。
 そんな折に古い友にばったり出会いました。
 「今3人、看ているの」と介護の話を伺い、「そういう世代よね」とお互いうっすら涙も浮かべつつ立ち話。私は、集中できないせいもあり、仕事にも影響が出てきました。でも、仕事上のトラブルにプライベートな弁解が通用するわけがありません。
 ヨガを教えている彼女は、すごい前向き。その日も入院中のお一人のお見舞いの後ということで、大きな荷物を抱えていました。3人違う入院先だとか。
 私自身、「こどもがかわいそう」と批判の声も気にしながら、ほそぼそと仕事を捨てずにやってきて、今、やっと子供も大きくなり、仕事はこれから、という時期に介護問題。
 周囲には“余暇”で仕事をしてきたようにみられているのかも。
 仕事でもプライベートでも、他者に何と思われようと、自分の中で納得いくよう最善を尽くすしかないものです。誠心誠意、最善の努力。
 まずは、自分のいたらなさに目を向け、改善の方策を探ることで、仕事も介護も少しずつでも進展できたら、と昨日は弁天様の前で座っていました。
[PR]
by artemis-journal | 2004-11-04 13:23