ブログの存在

  お気に入りに入れてね! リンクもうれしいです。
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆

☆★月のやさしさ日記もよろしく。☆★

 2011年からブログを書かなくなって1年ちょっと。いろんな理由がありました。コメント欄にスパムが増えたり、無料だから仕方ないとはいえ下段のコマーシャルがなんとも下品だったり…。
 個人の公開用のジャーナルなので、“仕事の顔”ではない素顔で書いていたいな、と思っていました。不特定多数の方に公開ですから、すっぴんでもなく…。
 また、FBやtwitterもあり、いろいろ試していた次第です。

 昨年の5月半ばからブログが更新されない友がいて、自分の気持ちと重ね合わせて、「あ、違う発信を始めたのかしら?」というぐらいに思っていたのですが…。急逝されていることをお正月に知ることになります。ちゃんとその方のブログのコメントなどを拝見していたら気づけたのに…。ショックは大きかったです。このブログと相互リンクさせていただいていたし、最後にコメントをくださったのも、彼女からでしたから、放置したままのこの「ブログ」の存在が気になりながら過ごしていた1か月でした。
 
 SNSを仕事に活用する方も多いのですが、私はもっと違った使い方ができるかな、と思っていました。告知用に使うのは確かに便利。デメリットをどうかわせるのかも気になるところです。

 考えこんでしまうのが世の中のスピード感。いまどき3分で曲が終わるようなものばかりで、何十分、時に1時間を超す大曲があるクラッシック音楽は聞かれることが減っているようです。SNSは手軽さが何より。丁寧さは二の次。じっくり味わう、ということの意味を考えています。

 次にいつ更新するのかわかりませんが、このブログは削除せずにおこうと思います。
[PR]
# by artemis-journal | 2013-02-06 14:29 | 生活

立ち返りの時 

  お気に入りに入れてね! リンクもうれしいです。
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆


 年を重ね、若い頃とは違って、物の見方が多面的になった感じ。だから角が取れ、円くなったと言われるのだろうな。
 今年は311の震災もあり、社会全体がガタっと動いたし、世界中の経済の土台が持ちこたえられぬかのような様相。
 今日、28日から南アフリカで、温暖化対策を話し合う国連の会議・COP17が開催されます。一昔前だったら、このニュースがトップにくるだろうに…。温室効果ガス濃度が過去最高になっているというのに、あまり関心を示されてはいません。私にとっては、渡辺恒夫氏と清武英利氏の争いなどより、“今は”ニュース価値が高いと思っているのですがどうも、世の中はそうなってはいないのです。
 昔から私が環境問題について敏感だったのは、公害全盛時代に、喘息やアレルギー体質であったことが大きな要因です。長女はチェルノブイリ元年生まれですから、原発や放射能にも人一倍敏感。そして、こうやって健康にここまで過ごせたことで、「社会の健康」への思いが人一倍強くなったようです。
 
 社会の流れの中で、私はどういう生活をしていくのが幸せなんだろう? そんな思いがあります。今、急に思い立ったわけでもないので、布ナプキン「月のやさしさ」をスタートした時から同じ方向を持っていたつもりだけれど、私も年を重ね、子どもたちは成人し、ひとつステージが変わってきている今は、立ち返りの時期だな、と思っています。
 そんな思いがあったので、今年は、震災直後ではあったものの、消費生活コンサルタントの資格を取り、CSR(企業の社会的責任)やコンプライアンス(企業の内部統制)について学んでみました。若い社会起業家もたくさん生まれ、ボランティアの世界も深まり、少しずつ社会の在りようが変わっている中、私がここで今一度、社会の一員として、アルテミスという小さな個人業種の場だけでなく、何か別の形で働くことができるかもしれない、と思ったことがきっかけです。

 ブータン国王夫妻が来日され、日本全体で豊かさや幸せについて注目するきっかけを作って下さいました。震災後、経済が不調なこの時期に新しい価値感を持ち始めることができるのは、とっても嬉しいことです。
 豊かな日々を送るために、それは、私自身だけのことではなく、社会=みんなが豊かな気持ちになれるような働きができればいいと思いながらいます。
 
 アルテミスの仕事に加え、新しい団体の仕事に着いて半年。今までの経験や学びがどう活かせるかしら? そんなことを考えて過ごしています。
[PR]
# by artemis-journal | 2011-11-28 11:02 | 社会

吉祥寺で買い物

  お気に入りに入れてね! リンクもうれしいです。
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆

☆★月のやさしさ日記もよろしく。☆★

 武蔵野に住んで20年。吉祥寺は高校生、大学生の頃から好きな街でした。特に大学生の頃は、❤相手が住んでいたのでなおさら。そんな古い話はともかく、最近の住みたい街のトップに吉祥寺の名があります。
 我が家も20年以上、吉祥寺から自転車圏内の場所(同じ町内)で3回も引っ越しているぐらいですから、居心地が良いわけです。

 11月に入って、夫は仕事のキャンセルで休日や週末に家にいる!という稀な日があり、吉祥寺にショッピングへ。私は夫の買い物の付き人です。
b0002916_23595114.jpg

b0002916_0162976.jpg


 最近の吉祥寺のお店は様変わりしてしまって、私の頭にある古い地図は役に立ちませんが、ちょっと気になっていたオーダーYシャツの専門店があって、夫に「オーダーしてみない?」と生地を選び、採寸してもらいました。
 
 実は、友だちが「Yシャツはいつもオーダー。カフスや襟など、傷みのあるところだけやり替えて長く着ている」というので、「ほほ―、本格的なオシャレさんは違うなぁ」と関心していたのでした。
 ある日、吉祥寺のぶらり歩きで、あるじゃぁないですか、「オーダーYシャツ専門店」が。お話を伺うと46年目を迎えたお店で、息子さんと二人で型紙から作って仕立てておられる、昭和の面影のお店。
b0002916_011179.jpg
 採寸して頂くと、「いかり肩ですね」とか「胸周りより、腰回りがしっかりしているので、健康な証拠」といろいろお話をして頂きながら、30分ほど。カフスや襟、芯地の種類、前立てや体系に合わせ、あれこれを細かく相談して決めて頂くのです。「一度オーダーYシャツを着ると、既製品は着れなくなりますよ」とおっしゃるのがなんとなくわかります。

 2週間ほどで出来上がりの予定。地元での素敵な買い物に、私はワクワクしています。
 ちなみに、このYシャツは私がオーダーしたくなったので、「クリスマスのプレゼントね」と夫には言ってあります。(果たして、彼から私のクリスマスのプレゼントは何がやってくるのでしょうか??)
[PR]
# by artemis-journal | 2011-11-07 00:29 | 生活

深大寺の十三夜

  お気に入りに入れてね! リンクもうれしいです。
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆

☆★月のやさしさ日記もよろしく。☆★

十三夜、旧暦9月13日の月。中秋の名月に並び美しい月だそうで、「後の月」と呼ばれているそうです。
 さわやかな連休だった9日の晩、深大寺の行事「十三夜」へ出向きました。

 機会があれば深大寺へ参拝に出かけるですが、近年は“ゲゲゲ”ブームでいつも大賑わい。一度だけですが、座禅会にも出かけたことがあります。
 天台宗の歴史のあるお寺。白鳳釈迦如来倚像は奈良時代のものだそうですが、いつもはガラス越しでの拝観だったのですが、その日は幸運にも 釈迦堂を開放して下さって間近に拝観でき、和尚さんが美術史をひも解いて下さいました。

 深大寺の魅力は参拝の後のおそば(^-^)や、四季折々の花を楽しめる隣接する神大植物公園。10月は秋のバラ園が見事です。
 呼び名は「じんだい」でもお寺は「深大寺」、地名は「神代」。
 湧水の水系にあり、水が豊かなので、水車での粉ひきによるお蕎麦が名産になったわけです。近くにはわさび畑もあります。
 東京23区をちょっと抜けた多摩地区の東の側は、梨畑、ブドウ畑、近年はブルーベリー畑、そしても珍しい東京ウドなど武蔵野の野菜や果物も名産で、私の地元自慢です。

 そんなにぎやかなお昼間の深大寺界隈ですが、日が暮れるとひっそり。
 ただ、この晩は深大寺の山門で十三夜の夕べが開かれ、大勢の人たちが集いました。
 ご住職は福島の方だそうで、今回の東日本大震災については、原発への静かな怒りを感じるお話を伺いました。慰霊の碑を建て、般若心経、天台宗の声明などの祈りのあと、篠笛の音楽や琵琶法師による「一寸法師」の語り、最後には能楽のお仕舞いと、十三夜の月を仰ぎながら楽しむ贅沢な秋の夜となりました。コンサートホールでの声明は聞いたことはあるのですが、儀式での声明は初めて。ライトアップのされて、とってもきれい。このチャンスに出会えた事に感激でした。
 プログラムのひとつとして月のお話をして下さったのが、月暦を調べておられる志賀勝さん。以前には彼の著書も拝読していたし、古事記の月読みの尊にまつわるお話を伺え、本当に心が満たされたひと時を過ごした2011年の秋でした。
[PR]
# by artemis-journal | 2011-10-12 09:53 | 四季

近況報告

  お気に入りに入れてね! リンクもうれしいです。
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆

☆★月のやさしさ日記もよろしく。☆★

 中秋の名月、美しい月夜だった昨夜。街燈がうらめしいほどでした。雲がかかることもなく、ずっと美しいまま天空を移動した月。深夜に目がさめたら、そこには白く光る丸い月。まるで夢の中にいるような気持ちになりました。
 
 311以降はリラックスするのが難しくなっています。きっとみんながどこかに感じている心地悪さでしょう。。
 きのうは、夕方から散歩に出かけ、街中をあてもなく歩き、途中で夕ご飯に立ち寄ったりしながら9時ごろに帰宅。落ち着いた一晩が過ごせました。

 東北地方の復旧はまだまだ時間がかかる様子ですし、原発や放射能汚染のことは脳裏から消えることはなく…。加えて台風の水害も、これほどかと思わせてくれました。
 
 小さな国日本で起こった大きな地震や津波や原発の事故ですから、日本公演をキャンセルする演奏家たちの気持ちがわかります。世界の国々の日本からの輸入規制(放射能関連)はまだまだ厳しいものがあります。

 福島でも一部の空間放射線量の高い地域を離れることが難しい人たち、特に成長期のこどもたちに思いを馳せると、言葉にならない、たまらない思いがこみ上げてきます。

 今ごろになって、3月末当時の空間放射線量についてあれこれと情報が公開されています。「この後に及んで今さら、どうしろというのだ!」という怒りがこみ上げてきます。成長期のこども(とその親)たちがどんな不安をかかえ生活しているかと思うと…。家族がばらばらにならずに、安心できる場所での生活ができないものか…。

 私は、どちらかと言えば放射能(情報)には敏感で、地震直後から気にしてアンテナ張っていましたので、最悪事態まで想定していたことで、随分疲れていました。 
 昨日は美容師さんに、「肌の具合(アレルギー体質)良くなったんじゃないですか?」と言われ、心辺りがあります。そう、だいぶ心の状態も安定してきました。肌の状態は本当に体調や気持ちと、密接につながっているのですね。
 あれから半年経った今、放射能への恐怖に始まり、自分の無力さや、情けなさを感じていました。自分ができることを、と思いながらも、ボランティアなど直接行動はしていません。

 それでも、虚しいからこそ、何かをやっていないと気持ちが崩れそうでした。だから、消費生活コンサルタントの資格取得のために集中していましたし、現在の布ナプキンメーカーとしての仕事に加え、新しい仕事を始めたことで、忙しさを倍増させ、現実逃避をしているのかもしれません。

 親しい友の家族はいわきを離れ、静岡で避難生活をしています。自宅には1か月に一度帰るぐらい、だそうです。人の住んでいない家の周りは雑草に覆われていると…。彼らの事を思うと、私はなんてわがままなの? という気持ちにもなりますが、そこは、自分を責めてもどうにもなるわけではありません。

 今夏、3名の知人が、偶然にもすい臓癌で他界されました。そのことも私の気持ちに大きな影響を与えています。

 あれこれ辛い気持ちが先立ちますが、辛いより楽しい、というバランスが変わるレバレッジポイントがあるはず、と言い聞かせています。
[PR]
# by artemis-journal | 2011-09-13 19:21 | 生活

越後妻有 大地の芸術祭の里

  お気に入りに入れてね! リンクもうれしいです。
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆

☆★月のやさしさ日記もよろしく。☆★

 念願の越後妻有 大地の芸術祭の里に出かけてきました。
 2000年からスタートしていて、友だちも出かけてきて、楽しそうなお話は伺っていました。3年に1度「芸術祭」として行われている間の年にあたります。
 鬼太鼓座のワークショップと宇宙物理学者の池内了先生のお話会が行われた週末、いわき市や石巻市からの小学生たちが参加していました。
b0002916_19425680.jpg


 山の上の露天の温泉に出かけ、巻機山から続く八海山などの連山を眺め、のんびり。

 お宿は廃校になった小学校のドミトリーハウス。宿泊のベッドにもぐると、(元)教室は石巻の女子のひそひそ話や笑い声で、懐かしい小学生の頃を思い出しました。
 夜の食堂では、主催者の北川フラムさんはじめ、スタッフの方々があちこちで打ち合わせの様子。

 知人がスタッフをやっていたので、夜は仕事を終えた彼女と一緒におしゃべり。

 3月に大きな地震があったり、追い打ちをかけるように、台風影響の大洪水の十日町。東日本大震災の影に隠れてしまって話題にはなりませんが、あちこちに傷跡が目立ちました。まだまだ復旧には時間がかかりそうな様子でした。
b0002916_194026100.jpg

 「農舞台」は田んぼの中の作品。
b0002916_19541371.jpg


 そういう時こそ、アートの力だ!と信じられる「鉢&田島征三・絵本と木の実の美術館」。

 ちょうど次のような作品を見る事ができました。ポリ袋70枚とセロテープだけで作ったものだそう。そして扇風機。
b0002916_19381567.jpg

b0002916_19385412.jpg


 2日間で見ることができるのは限られた作品だけ。何しろ、東京23区に匹敵する広さのフィールドに点在しているとか。
 松代駅の横には大好きな草間弥生さんの作品。近くで見るより、列車からみたらずっとおもしろいだろうな、と思ってました。芸術の力ってそういう日常と非日常の関係が良いですよ。

 最後にジェームス・タレルの光の館へ。金沢の21世紀美術館の「タレルの部屋」より、ずっと興味深いのは、お風呂があったり、宿泊できるからでしょう。いつか、宿泊して、その面白さを存分に味わいたいな、と思って帰路につきました。
[PR]
# by artemis-journal | 2011-08-22 19:56 | アート

 『市民のネットワーキング 市民の仕事術Ⅰ』(加藤哲夫 著)

  お気に入りに入れてね! リンクもうれしいです。
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆

☆★月のやさしさ日記もよろしく。☆★

 6月、7月と資格をとるための講座に通っていました。今まで環境カウンセラーとか環境××、という資格以外、私にはちゃんとした資格を取ったことないなぁ、と思いちょっとお勉強、のつもりでした。
 ところが、今回の消費者関係の資格、それはそれは大変で、ついて行くのだけで体力も気力も使い果たしてしまいました。毎日、朝から夕方まで3コマ。途中に「休み」の週が入るのですが、これもレポート2本。最後には緊張の論文発表!…で終わるかと思いきや、テスト。たぶん、追試です…。
 
 そんな日々、ブログの更新までいたらずにいました。

 この夏、今までの人生を振り返って、子育て中の事などを思い出しています。「こどもの健康と幸せ」を念頭に、市民団体の事務局をいくつかやってきた中で、環境問題などにどっぷりつかっていた時代です。
 
 先日、その時代の友人から本を送って頂きました。
 仙台文庫3 『市民のネットワーキング 市民の仕事術Ⅰ』(加藤哲夫 著)
 仙台文庫4 『市民のネットワーキング 市民の仕事術Ⅱ』(加藤哲夫 著)

 加藤哲夫さんの仕事に力づけられた方がどれだけいらっしゃることか!そして今のNPOがあるのは、ひとつは彼の仕事のおかげでしょう。
 
 ここまで思い知らされても、まだ原発依存をやめられない重度の中毒者がいるのが日本。福島県人の加藤さんが、原発問題に手をつけられずにきたこと悔いておられるこの本。

 離れていても、気持ちは一緒。現場はそれぞれだし、私にできることはとっても小さいです。でも、同じ志向、指向でいるるつもり。今週末は、ホスピスで療養中のてっちゃんに会いに行ってきます。
[PR]
# by artemis-journal | 2011-08-05 09:25 | 生活

食べる事、じょうずに気にしてね

  お気に入りに入れてね! リンクもうれしいです。
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆

☆★月のやさしさ日記もよろしく。☆★

 私にとって25年以上、およそ30年、原子力発電、放射能や核問題の距離は近づいたり、離れたりしながらも、決して切れることはありませんでした。その間、反原発や脱原発の流れを経験しました(今は卒原発とか。)。
 だから、少しは気を付けるポイントがわかるのかもしれません。
 でも、どうやったら良いのかアドバイスができないのがもどかしいです。
 世の中のリスクは放射能だけじゃないから、というのはもっともですが、でも、ね、と私は思うのです。笑顔が免疫力アップ、っていうのも本当だと思います。でも、笑顔だけじゃ…と思っています。
 
 お子さんのいらっしゃる方、今は“気にし過ぎ”で良いと思っています。安心できる食物だけを口にしてくださいね。でも、上手に気にしてほしいです。神経質になるのとはちょっと違う感じです。こういう経験をする時、親ってすごいパワー持ってるな、と思うんです。
 
映画『セヴァンの地球のなおし方』より…
新しい命を授かったセヴァンは、こんなふうにも語っています。
「自分の子どもを心配する親こそ、環境問題の一番の希望だと思うんです。」
たとえ自己中心的でもいい、自分と子どもたちの未来をどう救うべきかを考えて、
何か行動を起こすことが、大きな変化の第一歩となるのかもしれません。


 子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク(子ども全国ネット)主催キックオフミーティング 『わたしたちは、いま、子どもたちを守りたい!』 だそうです。

 本日は用件のみで、失礼、そんな感じです。
[PR]
# by artemis-journal | 2011-07-12 09:48 | 健康

アンケートのご協力ありがとうございました。

  お気に入りに入れてね! リンクもうれしいです。
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆

☆★月のやさしさ日記もよろしく。☆★

 7/2のこのジャーナルでお願いした「放射能汚染食品に関するアンケート」、皆様のご協力、誠にありがとうございました。集計にとりかかります。

 いずれ、皆様には、ご報告をできるように、と考えております。

 取り急ぎお礼とご報告です。
 
[PR]
# by artemis-journal | 2011-07-06 18:57 | 社会

放射能汚染食品に関するアンケート

梅雨のさなかです。暑さの厳しい6月、そして今年の折返しの7月となりました。
街歩きをすると、紫陽花がとってもいろあざやか!
長雨、というより、雨と晴れがいったりきたりかけひきをしているよう。
雷もごろごろ、茨城では停電もあったそうです。

私は震災の復旧も遅々たる様子、心が晴れません。

今、消費生活の資格試験をとるために小論文をまとめています。
そこで、今回は、皆様へのアンケートへのご協力のお願いです。
「食品の放射能汚染~暫定規制値に関して~」(仮題)というテーマにいたしました。
はたして、暫定規制値ってどうなの?みんな結構疑ってかかってるじゃないですか。
そこで、皆さんがどのように捉えていらっしゃるのか、アンケートを試みてみることにしました。
アンケート結果は論文(公開)にのみ使用させて頂きます。

下記のURLより、ご回答頂ければ幸いです。数分でお応えいただける内容です。<7/6に終了いたしました>
●放射能汚染食品に関するアンケート●
http://my.formman.com/form/pc/iIgth1PyIoshU9MK/

〆切:7/6(水)
短い期間ですので、twitterなどで拡散のご協力をお願い申し上げます。
[PR]
# by artemis-journal | 2011-07-02 14:42 | 社会