ニュースの見出しから

アルテミスのトップページはこちらへ。

 ニュース番組をTVで見たり、新聞で読んだりして、気になる時があります。
 たとえば妊婦や新生児の受け入れができず、医療が破綻している、というようなニュースがそのひとつ。

 昨今は妊娠しても産院が見つからず困っている、という妊婦の切実な話を聞きます。
 私が出産したのは20年数年も前。
 出産を扱う産院と妊婦検診だけを行う産婦人科と分かれ始めた頃でした。
 実際に産科は減っているようです。では、出生人数は? 増えているのかしら?
 産科は定時診療ができず大変だから、という理由で減ってきたように記憶があります。
 その当時の話題は「陣痛促進剤」でした。休日出産を避け、平日、日中の定時出産を目指すために使われ、その量が多すぎて、子宮破裂という事件。

 さて、現代は? 「周産期医療」という言葉がよく聞かれるようになったのですが、いつから一般用語になったのでしょうか?
 現代の医療はとても進化したので、NICUという立派な保育器があれば、超未熟児でも育つことができます。
 また、不妊治療も進み、体外受精も珍しくありません。

 ニュースではそんな妊産婦、あるいは新生児に対して、「病院が受け入れ拒否」という見出しで扱います。
 でも、病院が受け入れられない理由を見ていくと、私としては、仕方ないかも、と思われるわけです。
 NICUがたくさん必要である理由を考えたり、医療に頼らなければならない出産が多い(お産婆さんでは済まない手術)、という事実についてはあまり言及されていません。

 29歳で“マル高”だった時代もあったように思います。
 “マル高”とは、出産にはリスクが伴う年齢っていうこと。
 結婚適齢期なんてなくても、出産適齢期は眼前とあります。
 今や30代後半で初産なんて珍しくありません。
 果たして適齢?
 母子ともに健康である率は、ある年齢以上になると下がっていくのは否めません。

 また、妊婦検診などまったく受けずに臨月を迎え、救急搬送で産むしかなく、退院時に不払いで逃げてしまうケースがあるようです。
 出産費用が払えない低所得。
 外国人として、時に不法入国していて、検診など受けられない妊婦たちがいるわけです。

 こういった社会の諸問題の上に乗る「医者不足」「NICU不足」「受け入れ拒否」。
 確かに「受け入れ拒否」なんだけれど、「拒否」だけがクローズアップされるニュースの扱いに、なんだかちょっと違和感を感じます。医者や病院だけが悪いわけではないような?
 「出産」こそ自己(男女双方)責任の割合が大きいと思うのですが。
 子を授かり、子を産む、というのは、男女間の同意あってこそ理想です。(女性だけの意思でも可能ですが)
 子どもを育て上げる、というのは社会が手伝えることですが、乳飲み子は出来る限り産みの親が育てられるよう、社会が援助できるように、と願います。

 現代の医学生は「産科は訴訟が多いので‥‥」と産科を避けるそうです。
 わかるような気がします。

 30年前は保育器での酸素過多で障害が残った、というのは結構聞きました。
 医療が単純だったのだと思います。
 また、昔は「お医者様の言われるとおり」と、有無言わせぬ威圧感があり、医療ミスなど表沙汰になることはなかったでしょう。
 今の複雑な機器に囲まれた、高度な医療はミスが出る可能性も増えるのでしょう。
 ネットも発達し、ディスクロージャーの時代ですから、医療訴訟も増えて当然かと思います。
 「医者が絶対」ということはあり得ないし、責任逃れはできません。

 だからといって医療に完璧(不死や完治)を求めるのは無理があるはず。
 治らないと診立てられた患者が回復し、治るはずの患者が命を落とす場合は、さて、誰の責任?
 患者の取り違いや、点滴のミスは論外ですが、果たしてどこまでが医療の責任なのでしょう。
 医者と患者の意思疎通を大事にしていくことで、随分、医療のあり方が変わるかも、と思うこの頃です。
[PR]
by artemis-journal | 2008-12-07 00:05 | 社会
<< 今年の抱負など クオリティ オブ ライフ >>