誠実になろうね!

 アルテミスのトップページはこちらへ。
トーク&ワークショップ 10/26 女性エネルギー問題~女は尽きない資源を持っている~はこちらです。☆

 毎日のニュースがあまりの規模の大きさに、ぽかんとして他人事になってしまいました。
 事故米/汚染米の流通、どこまで拡大していくの?
 農水大臣など「人体への影響はない」と軽んじ、「じたばた云々」の後は、とっとと逃げろ~、で去って行きましたね。
 役人たちは客観的に、他人事のようにものを見れる人種。「あなたとは違うんです。」ってね。
 この事件では既に死を選んだ関係者がいるようです。

 外国から農薬まみれの米を輸入させられているのは、自動車の輸出のとばっちり?
  
 ともかく、この数年、食分野だけでもひどい偽装だらけ。

 農産物の輸入の関税ってなんであんなに高いの?
 お米がおよそ790%で、こんにゃく芋がもっとも高く1700%以上だったと記憶しています。
 お米が国家貿易品目になる必要性ってあるの?
 こういうことってあまり知られていないよね?

 コンビニでは消費期限厳しく、食べ物を廃棄しているかと思えば、カビの生えた米を混ぜ込まれても、「賞味期限」は大丈夫だったりしたわけです。
 
 農水省の検査なんてやってないも同然の形式だけ。もし、やっていても気づかん、とでも言うのなら、その検査員の目は節穴か、専門的知識が微塵もない、素人です。

 誰もが信じている、「この事件だけじゃないだろう」という疑いの目。

 そして厚生労働省の舛添大臣発言「限りなくクロに近い」、と断言はせずに、お茶を濁した社会保険庁の「改ざん事件」。1件のみ、とか6万件とか意味不明な数字が飛び交っていますが。

 現代の役人は皆「反省すべきところは反省して」と言います。これは言い逃れの極めつけ。
 何を、どう、という具体性は一切示さないです。「きもち」だけで表現してどうするの?
 消えた年金は「反省」では戻ってこないでしょ?
 前出の大臣は「戻します」と“失言”していますが、どうやって??? 町村官房長官は「改ざん」を認めてませんからね。

 そしてアメリカの経済破綻については、経済通だけでなく、精神世界系の怪しい分野までも「予言」していました。報道せぬはマスメディアのみ。
 親亀こけたら皆こけるグローバル経済を実感できますね。

 私のようなミニマム事業をやっていても、どうしても余波を受けてしまい、本当に迷惑千万なグローバル化。

 純朴なお年寄りだけが「お国のすることに間違いはない」と心の片隅で信じています。
 あなたが選んだ人、選挙の時には愛想いいけれど、実は‥‥。
 
 今の子どもたちがおとなになって、今の政治家を反面教師にしてくれたらいいけれど、染まったら悲しいです。
 もう、いい加減、私欲を捨てて、本来業務の「国民のため」に仕事して欲しいです。
 なんで、こんな世の中になったんだろうねぇ、と愚痴が出てしまいます。

 私たちひとりひとりが、「良い仕事」を積み重ねたら、日本も世界もきっと良くなりますよね。
 朱に交われば赤くなる、っていうし。
 周りに良い友達、誠実な人がいたら、まず、人は裏切らずに、良心を働かすものです。
 逆にならないよう、ともかく自分の気持ちを汚さぬよう、お互いにがんばろうね!
 みんなでいい友だちになろう! 友だちの友だちは友だちなんだから☆☆
[PR]
by artemis-journal | 2008-09-19 23:17 | 社会
<< 育て、育て 米までも‥‥ >>