ねんきん特別便と後期高齢者医療制度

 アルテミスのトップページはこちらへ。
ショップでアウトレットBを数量限定販売です。☆
 我家に「ねんきん特別便」が届きました。父宛てです。数分前のことも記憶がない父です。何を聞いても「さぁ、どうだったか、もう忘れた」としか言葉はありません。
 私にとって父というと、怖くてできるだけ顔を合わさずにいたい、というのが子どもの頃からの印象。余計なおしゃべりをした記憶はほとんどありません。ここに至って、父の若い頃のことなど、わかろうはずがありません。
 幸いに母がまだ健在なので、尋ねることができましたが‥‥。
 それにしても、あの書類は実にわかりにくいです。父は終身雇用体制の中で働いていたので、とても単純かと思いきや、それでも転勤のためか、「移動」が起こっていました。
 
 昨日、腑抜けた亡霊のような舛添厚生労働大臣は「国民にバラ色の夢を与えてしまった」と訂正発言。福田首相が「国民に過度な期待を持たせた」とか「誤解を与えた」と謝罪ともつかぬ発言。
 年金は頂くものではなく、「払ったものを返金してもらってるだけ」と言う方が正しいのです。支えあいを利用した積み立て貯金。
 国の「天引き詐欺」は、「振込め詐欺」より悪質!! 
 民主・共産の両党の質問をTVで見てしまったので、もっとリアルタイムに腹立たしい!
 でも、それ以上に腹立つのは、地方選挙で未だ「自民」が勝利すること。
 どんなに国に文句があっても、地元では「自民党」支持者。「変化」が怖いのか、我慢強い性格なのか、他の候補者がパっとしないのか、理由はわかりませんが。
 大阪だって、目立つタレントが「自民」で勝利していますしね。政治的能力は二の次の選挙。
 太田光さん、まさかあなたが自民で選挙に出たりしないでしょうね!?!
 
 そして、後期高齢者医療制度なるもの、問題の年金から天引き。障害認定の若めのお年寄りと長生きしてしまった人から搾り取るとはまるで、貧しいものからの搾取の象徴、悪しき年貢米です。
 これだけ進歩した現代社会に、未だ、私利私欲が抜け切らない老年政治家(企業ならとっくに引退)が、鼻を鳴らして脅しをかけているような様。
 TVニュースでは小泉元首相のふてぶてしい笑いや、古賀選対のいやらしいコメントに、「お前たちも同じ穴のムジナのくせに」とブツブツ言っている私は、品のなさをさらけ出してしまいます。人相も性格も悪くなりそう~(^^;
 でも、主権在民の民主国家はなんです、私のいる国は! パリの暴動(チベット)など、日本人には考えられないのかも。
★女神たちの会話~エコについて語ってみると~★
こちらもご覧下さい。
[PR]
by artemis-journal | 2008-04-08 10:37 | 社会
<< 草間さんとはなこさん ジェンダーと女の性 >>