認知症

アルテミスのトップページはこちらへ。 
 年賀状で頂いたご挨拶に、精魂こめて手がけた番組「認知症 なぜ見過ごされるのか ~医療体制を問う~」(NHK)が放映されるとのご案内。
 薬のこと、医者のこと‥‥。体験者として、いくつも大きくうなずくことがありました。
 番組で取り上げられた内容では、「若年性」という50代での発症の方々もいらっしゃり、年入った父の事情とは緊迫感も随分違いましたが、それでも、この病が家族にとってどれほど大変なことなのか、あらためて体験をする思いでした。

 「もの忘れ」がちょっとひどいなと、うすうすは認知症をわかっていた私たち娘。でも、母はそのことを「認めたくない」わけです。なんとか「普通であってほしい」という願いとは裏腹に、何かと不都合が重なって生活が混乱し始めていました。
 もの忘れに気づいてから数年たって、かかりつけ医に相談に行った妹と私ですが、「気のせいじゃないですか?年齢的にそれぐらいのもの忘れは‥‥」ととりあってもらえないのです。
 でも、「なんでもなかったらそれでいいので一度専門医の診察を」と無理やりお願いして、「もの忘れ外来」のある大学病院に紹介状を書いてもらいました。
 「年なんだから全身の健康診断を」と父を連れ出すと(半分だまして)、案の定、病はそれなりに進んでいました。本人は「ちょっと忘れっぽい」ぐらいにしか思っていません。
 ガンとして車の運転も辞めない父。点検工場の人と画策して廃車にするまでの涙ぐましい秘話もあります。
 大学病院での治験にも参加。新薬としての「副作用がほとんどない」と言われたアリセプトも服用し、そのアリセプトで肝炎を患う薬害にもあいました。
 母はその頃、父の対応(介護?)で、鬱病がどんどん悪化し、ベッドで過ごす時間が増えてしまいました。そしてふんだりけったり、母には不運にも癌が見つかり、手術です。
 もう、両親の意思を尊重することもできず、子どもである私たちが総ての段取りをつけ、父は介護施設へ入所することになりました。
 そこからは、だんだんといろいろな事が良い方へ転がり、そろそろ3年目を迎えます。

 母は癌の手術を2回も受けながらも完治し、父の介護も不要になり、あんなにひどかった鬱病も、薬こそ手放せませんが、自分の人生を楽しく過ごせるようになり始めました。
 現在、両親ともに、それぞれにあった有料の介護施設(同系列)に入所しています。
 とても良いスタッフに恵まれた施設。介護はプロのスタッフが対応してくださるので、本当に安心です。認知症の上手な対応についても「ウソをついているわけではなくて、私たちは女優のつもりです。」とおっしゃっいます。
 80歳を超えた年齢で、もう、いろんなことのつじつまの合わない日々を過ごしている父ですが、施設の中では、「普通の人」として過ごすことができているのは、どれほど幸せなことか‥‥。
 認知症というのは、過去のいろんな仮面をはがし、心のままに、喜怒哀楽が素直になっていく病。
 本人にとっても、「もの忘れをする」ということは何より気がかりなのです。ですから、その点をフォローしてくれる人がいれば、心配がなく安心していられます。(そうでないとパニックしてしまい、もっとめちゃくちゃになっていきます。)
 父には「今」しかないのです。「さっき、あんなに楽しかったのに」という事さえ、心の奥底にうっすら残るだけ。
 そして、あんなに辛かったこと、というのもすぐ忘れてしまえるのです。
 介護スタッフの方に「お顔がわかるうちに、できるだけたくさん会いに来て下さいね!」なんて言われてしまっている私です。
 父にとって3年目を迎える施設での生活のパターンにもなじみ、毎度「もう家に帰る」と言いながらも、外出先から戻り、玄関をくぐれば、ニコニコと「おかえりなさい」、「ただいま」とスタッフに挨拶をしているのです。
 親の面倒もみない親不孝な娘たちではあるのですが、でも、私たちが介護した方が幸せだったということは、120%ないと断言できます。
 どうぞ、介護は一人で背負わずに、皆のサポート、プロの力で乗り切りましょう。
 ガソリン税で「救急車が通るための道路作り」などというおバカな発言もありましたが、今後の高齢化社会は救急医療や老人医療を保証する税金の使い道が大切なんじゃないかと思います。
[PR]
by artemis-journal | 2008-01-24 20:15 | 生活
<< 金環日食 クローズアップ環境 >>