熊野へ

 台風22号が首都圏を通過した10月三連休の週末に熊野への旅。名古屋まで出たものの、新幹線も遅れ、その先は乗り継いでも目標の十津川へは辿り着けそうもありません。熊野の先の玉置神社が目的地です。交通の便は至極悪く、ご縁がない限りそう簡単には鳥居をくぐらせてはもらえない、とも聞いています。案の定台風。「あー、やっぱりご縁がないのかも‥‥」と思う反面、私の意思ははっきりしていたので、「今回の旅はたぶん、玉置山まで辿り着かなくとも意味がある」というヘンな確信も持っていました。
 名古屋で夫と旅程を検討。当初、伊勢にも立ち寄りたい、と思っていたのですが、乗り継ぎがムリなので、あきらめていました。ですからお伊勢参りは即決で、すぐに乗り継ぎ伊勢へ到着。まずは猿田彦神社へ向かいました。そこの美術館では友人の渡辺眸さんの「猿」の写真展が開催されています。来館者は私たち夫婦だけですし、『西方神話』という彼女の写真集(DVD)の音楽が静かに流れ、う~ん、いいねぇ。外の豪快な雨を眺めながら一休み。
 伊勢内宮の五十鈴川は相当な増水で、折れて間もない大木が橋にひっかかっています。でも、正宮の参拝時、少々風もあり、お社を隠す白い布が大きくはためき、なんとも美しい光景。その後は傘は必要ないほどに小降りになってきました。そして次第にきれいな青空も見えはじめたのです。
 「ほーらね、私は晴れ女だって言ったでしょ。」(冗談抜きで私の「晴れ女」率は相当高いのですよ)
 翌日は朝もやのかかった静かな一日の始まり。日の出の美しい二見浦の弁天様へお参りの後は、伊勢外宮も駆け抜け、いざ熊野へドライブ!!
 午後には熊野速玉神社へ到着。神社の空気はどこも清々しく、火祭りで名高い神倉神社の急な石段を登ると、でっかい岩がご神体です。「おー、昔住んでいた夙川(西宮)の甑岩神社のようだ」と感激もひとしお。那智の大滝の帰りにはもう太陽もとっぷり暮れています。
 さて、お宿は空きのある所なら、と思っていたら、なんと素晴らしい露天風呂のわたらせ温泉。突然リッチな温泉旅行に変わってしまいました。松茸の土瓶蒸しまで味わう豪華料理に満足度は120%。
 翌朝は熊野古道をかすめ、本宮や大斎野(おおゆの)を参拝の後、穏やかな日差しに恵まれて玉置山へドライブですが、私の悲願の玉置山までは険しい山道です。
 八百万の神々というのは、山であり、海であり、自然のそのもの。日本の宗教心が天皇制で随分ゆがめられてしまったことを実感します。日本は元来、自然崇拝。玉置神社も樹齢3000年の神代杉などがご神木となっています。
 玉置神社の上には玉石社があるのですが、もっこり顔を出す小さなご神石。埋もれているので、その形状はわからないそうです。玉石社まで登ってもまだ物足りない私。ま、引き返すか、と思っていたら鐘の音。山頂も間近な様子なので、ひたすら登って、やっと達成感がありました。私はここに立ってみたかったのだな、とやっと落ち着きました。
 伊勢という良い気に満ちた場、「UFOが降りたつにふさわしいね」などと勝手なことを言ってました。熊野など神社も古事記や日本書紀に登場する神の名を後付けしているので、「別名」スサノオノミコトなんて解説してあります。元の話は違っているのでしょうね。
 台風のお陰で、短時間に伊勢も熊野も約40社を参拝することができ、「現代の神話を生きる」という思いの種に、水遣りをする旅となりましtた。
[PR]
by artemis-journal | 2004-10-18 09:52
<< 自分をみつめて 生と死の冒涜 >>