素敵な女になりたいな

 9月に入ってまもなく、友人の訃報に、まさかと絶句。数週間後、年齢の近い方のお通夜にも足を運ぶことに‥‥。
 日常の中でふらふらしていた時、こつんと何かにぶつかったようで、立ち止まるきっかけになりました。
 あっという間に一ヶ月は経ち、期限に遅れまいと仕事をこなす日々。こどもたちの学校の行事もひとつひとつが終わって行きます。もう夏休みは遠い過去の出来事。
 「ふー、こんなんで、いいのかしら」と思うことさえ、流されたままの状況です。
 そんな昨夜、友人が遊びに来て、深夜まで話込んでいました。
 彼女は5年前の50歳前にリウマチにかかり、ひざが腫れて、足をひきずりながら歩き、包丁なども使いづらく、ムリをすると悪化するようなので、料理はなかなか作れない様子。不自由な生活で、障害者福祉や介護保険などが認められています。薬の副作用で肝機能も低下とか。
 でも、彼女がすごいのは「からだは病んでも精神は健康」と自任しているところ。「今まであんまり動き過ぎたから、からだのストライキで、これぐらいの病気でよかった」とも。
 一人暮らしだし、不自由度は相当なものだけれど、仕事もしつつ、他人の人生相談もじっくり受けています。そんな“お姉さん”が身近にいると、なんとも心強い。
 「彼女はほんと華やかなんだよね」と共通の友人Tさんが話題に上りました。Tさんは「これ!」と思ったものを嗅ぎ分ける才能があり、邁進する姿がなんとも果敢で美しく、華やいで見えるのです。
 「もちろん、TさんにもTさんなりの悩みがあるけれど、それにとらわれずに、バネにしてしまうもんね。」とふたりして絶賛。
 みんなそれぞれの苦労を乗り越えると、ほんとますます素敵な女になって行くのを目の当たりにしています。
 以前、50歳を過ぎた友人が、「人生、もうそんなに長くないのだから、無駄なおしゃべりはしたくないの」と話てくれました。これにも目が覚めました。
 今日は日曜。今から弁天様の前で、しばらく心静かに座りに行こうかな。
 今一度、「これからの暮らし方」について考えてみる時期なのかも。
 同世代の友人たちの死が、私に与えてくれたのプレゼントのような気がしてきました。
[PR]
by artemis-journal | 2004-09-26 14:59
<< ピアノ三昧の夜 平和は作るもの >>