ハロウィーンの季節

  お気に入りに入れてね! リンクもうれしいです。
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆


 こんなかぼちゃ、どこから持ってきたのかしら? 日本で育てたのかしら?
b0002916_10401677.jpg

 三鷹駅近のお店の入口で発見しました。(ちょっと影になって、飾ってあるのか、仮置きか?!)
 ハロウィーン、かぼちゃがシンボル。どうしてかな? と思ったら、秋の収穫祭の象徴で、それをランタンにして魔よけ、だそうです。ケルト民族の流れでカトリック系のおまつり。お話の流れを聞いていると、霊を迎え送る日本のお盆に似ていますよね。この世に漂っている霊にあの世に行って頂くハロウィーン。そしてそこには「火」が介在する…。
 世界中に精霊というものを大切にする儀式があり、宗教があり…。生き方の最後、それが死なんですよね。
 
 昨日「お葬式にお金をかけないようになった」というニュース。形式にこだわらず、納得いくお葬式っていいですよね。故伊丹十監督の映画に『お葬式』っていうのもあったなぁ。

 先日、仲良しの友が泊りに来て、一晩おしゃべり。自分の両親と夫の両親と一緒に住み、お世話をしているとのこと。四人四様の生き方に、自分の死までの道のりを思ってしまうようです。その人の弱点がクローズアップされてくるのが人生の最後の季節。
 日々の暮らしの大切さ、寝る前の安心感…。その連続が生。

 このところ、自分の弱点が浮き彫りにされてしまって、相当落ち込んでいるのですが、それも乗り越えたら、一皮むけるかも。人生の最後を埃まみれにしないために……。
[PR]
by artemis-journal | 2010-10-01 10:50 | 社会
<< 草間弥生展at吉祥寺 吉祥寺は思い出の街に >>