求刑は懲役1年6カ月

  お気に入りに入れてね! リンクもうれしいです。
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆


 このジャーナル、2004年にブログに切り替える前の何年間は、HPの中で、社会の移ろいを記録しておこうと文章練習のつもりで、率直な気持ちを書いていました。
 でも、最近は各方面に“配慮”してしまって、書けないこと多々。総じて「つまらん」。最近は友だちに近況を知って頂くもの、という感じになっています。
 そんなおとなしめのジャーナルではあるのですが、皆様にも気に留めて頂きたいな、と思っている2件の裁判のご紹介。
 検察側の求刑は、共に「懲役1年6カ月」。

 なぜこのような事件が起き、このような裁判の流れになるのか、私はその裏にある“事情”がとってもとっても気になっているのです。
 私たち生活者がこのような、一見自分とは縁のないような社会的な「事件」に対して、無関心であるのと、関心を向けるのとでは随分世の中の流れが変わってくる、と思うのです。

 マザーテレサの言葉に「愛の反対は無関心」というものがあります。

 最近はメディアにあまり載らない拉致被害者のことも、私たちの関心が向くと、メディアの力の入れ方もずいぶん違ってきますよね。
 社会のこと、時事問題に対して関心を寄せることで変わる…。つまり、各々が事実を確かめる気持ちを持つことで、事情はゴロンと変わる可能性を秘めているのでは?
 
その1、クジラ肉裁判
判決は9月6日月曜日
プレスリリース
http://www.greenpeace.or.jp/press/releases/pr20100608t2_html
公的機関の告発のためのやったことが、なぜか被告人に一変してしまいます。

その2、郵便不正
判決は9月中旬
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&rel=j7&k=2010062401103
事件の全体像についての詳細は
The JournalのNews Spiral
http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2010/03/post_507.html

愛を込めて。
[PR]
by artemis-journal | 2010-06-25 15:48 | 社会
<< ダイアログ・イン・ザ・ダーク ... 政治とカネ >>