話題の……

 お気に入りに入れてね!
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
☆★「布ナプキンのある暮らし 木曜3回シリーズ」☆★
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆


 昔は「参加することに意義がある」の五輪でしたが……。いつの頃からかスポーツ選手が「日本の顔」。テレビ等で誰もが知る人になっています。プロ野球とかゴルフ、サッカーなどは、「顔」も仕事のひとつでしょうが、アマの10代だったりすると、どうなのかしら。中学生15歳、オリンピックはすごい。国を代表するその重圧は相当なものでしょう。

 ひとつ、オリンピック中継見て、元金メダリストが“上から目線”のコメンテーターとしてTV番組に出ているのに違和感があります。
 
 そして、あまりにメダルメダル、と“品格”を疑われそうなほど。それだけ日本も強くなったのでしょうけれど。昔はメダルが取れない言いわけとして、「参加することに……」だったのかもね。

 競技用ユニフォームでは、水泳で大騒ぎでしたよね。記録を塗り替える水着。スケートのユニフォームだって、空気抵抗がどうのとあらゆる角度から研究し尽くされているんでしょう。「100分の8秒」でメダルを逃したようですが、アナログではわからないです。科学技術抜きでは勝てないのでしょうか。

 ユニフォームと言えば、國母選手の服装と態度で話題になったスノボーのハーフパイプ。

 スケボー、若者たちが、都会の吹き溜まりのような所で何度も何度も練習している光景。代々木公園や、吉祥寺でも深夜、練習している姿を見かけます。そういう文化から生まれた競技がハーフパイプなのかな?

 ハーフパイプの選手がきっちりとした服装をする、逆説的に言うと、サラリーマンが「腰パン」はかなくちゃならないようなものかも?!?

 「誰もが似合う制服」と考え、あるいはドレスコードとしてきっちり! そういう考えもあるだろうけれど、どうなんだろう? ハーフパイプの発祥の歴史まではよくわかんないけれど、文化じゃない?
 ドレッドヘアやピアスを好きか嫌いか、で判断しはじめたら、そりゃあ、支持は少数派になってしまうでしょう。(私も息子の腰パンに“なじむ”のは、努力が必要。)
 オリンピック、国の代表、きっちり、って使い分けができたら、苦労はしないでしょう。

 ここで気にかかるのが相撲。
 相撲というのは、「日本の神」と直接的なつながりを持つもの。だから、古臭いと感じることもあろうし、品格問題があがっているのだと思います。
 伝統が歪み、しつけ→暴行で亡くなる弟子がいたのが相撲の世界。

 弓取式もなく、髷も結わず、単なる格闘技になったら、それは相撲とはちがったスポーツとなるのだろうな。
 品格云々も、元を正せばいろいろあるはず。と素人の私は思うわけ。

 最近のスポーツニュースの雑感でした。
[PR]
by artemis-journal | 2010-02-20 12:59 | 社会
<< 町屋塾 in kanazawa ひとめぼれ >>