立春を迎え

  お気に入りに入れてね!
☆★アルテミスのトップページへどうぞ。★☆
★☆「月のやさしさ」のダイレクトショップはこちらです。★☆


 立春と聞くと、それだけでなんだかわくわく。井の頭公園の梅もほころび、クロッカスが足元にかわいい花を咲かせています。

 お正月からいろんな事があり、動画の“早送り”で過ごしているような気分。
 年末からの息子の全国高校サッカー選手権でスタートしたお正月でしたが、あれよあれよという間に卒業準備。今日は寮から引越し荷物がどーんとやってきました。3年間の息子との別居はお互いにとって、とっても良かったのですが、また一緒に住むのも、家の中に活気が戻ってきて楽しみです。
 楽しみな半面、何かと雑務に追われ、ちょっと大変。このところの私は、家の諸々の事に加え、お仕事面では3月の企画に向けて準備をしていますが、カタツムリの歩みです。自分ののろさに、苛立ちすら感じます。(能力不足にがっくり落ち込んだりするわけです。)

 そんなあれこれの日々の中、ちょっとしたお楽しみがありました。
 
 ある夜は天空の赤い火星を眺め、月とのコラボにうっとり。火星が地球に接近していたんですね。
 
 また、休日には木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソンの写真展で感動!

 よかったです~。私は写真を撮るというのがすっごく苦手で、「記念の1枚を撮らなきゃ!」なんて気負うと、つまんない写真ばっかり。みんな、なんで上手に撮れるんだろう? といつも不思議に思っています。
 木村&ブレッソンのお二人の写真を見ていると、その写真の風景に入り込んでいけそうな気がしました。昭和の日本だったり、昔のヨーロッパだったり、今にも動きが起こりそうな、そんな雰囲気まで感じられます。
 
 そして、ある夜は、「寄り道」という楽しみ方。帰宅途中に、突然、寄り道をしたくなり途中下車。
 西荻のビストロ「さて」の視察をと思い、その前にちょっと友だちのお店(本屋)に挨拶を、と立ち寄って……。
 友だちに会ったとたんに「昨日の満月見た?」と美しい月の絵を見せてくれました。
 私たちは月が大好き。「もちろん!!きれいだったねぇ~」と前夜の感動の満月の話しに花を咲かせました。
 その後「日本の神様カード」なるもの(タロットカードのようなもの)をひいて、力づけしてもらったり……。
 挙句、早く帰宅するはずの友だったのですが、ビストロ「さて」までお付き合い頂き、ワインとともにおいしいお料理。そして心ゆくまでおしゃべり。
 
 私は、忙しい時の方が身が軽い、というのを実感。出かけ慣れるんですよね。
 仕事にかまけると「PCだけが大事なお友達」となってしまいがち。そうなると、自分の価値観ばかりがでっかくなってきてしまいます。「自己主張&他者尊重」のバランスのためにも、できるだけ出歩こう、と心している毎日です。
[PR]
by artemis-journal | 2010-02-05 00:13 | 生活
<< 布ナプキンのある暮らし 木曜3... 知恵 >>