エネルギー・リテラシー

☆★アルテミスのトップページはこちらへ。★☆
★☆オリジナルショップもオープン。★☆



 11/9の「エネルギー・リテラシーなんてあってもいいのでは……」という続き。
 なんと、web上ですばらしい資料がアップされているではないですか!
 京都大学原子炉実験所の小出裕章先生の2009/10/26付のPDF資料です。
 下記は第三章のタイトルです。
 Ⅲ. 原発は最悪 「原子力発電もまた大量の二酸化炭素を放出する」(5、6ページ)

 エネルギー・リテラシーを「エネルギー問題についての正しい理解を深める」という意味で使うと、原子力発電ってどうなのよ、ってつっこみいれたくなりませんか?
 放射能か二酸化炭素かって比べられないかもしれないけれど……。

 そして小出先生の最終項は「少欲知足」(16,17ページ)。
 「少欲知足」にうんうん、とうなずく方が半分ぐらいいるかな? きっと「え~、そんな~」という方も多いはず。あるいは「わかっちゃいるけれどなかなかねぇ。」っていう感じでは?
 
 小出先生はおっしゃいます。
 「いったい、私たちはどれほどのものに囲まれて生きれば幸せといえるのでしょう?」と。

 たぶん、どんなにたくさんのものに囲まれても、絶対に幸せになれない人ことってあるだろうな、と私は思います。
 大金持ちになっても、一時は幸せな気分になっても、いろんな事情で「お金がない時の方が幸せだった」と思う人が必ずいるように……。

 少し観点を変えて、「幸せであること」を満たしていけばいいのでは?
 
 こころ豊かに暮らすことって?
 「しあわせだなぁ」って感じる時って?

 その辺のところ、ゆっくり味わいつつ、考え、整理できれば、今より幸せになれそう。
[PR]
by artemis-journal | 2009-11-12 23:41 | 社会
<< 脳科学者 ジル・ボルト・テイラー女史 リテラシー >>