17年前のテレビも壊れそうなのですが

アルテミスのトップページはこちらへ。
ショップでアウトレットBを数量限定です。☆

 この1年間、懸案だったPCのリニューアル。
 データの移管には相当な労力を使うので、ずっとずっと先延ばしにしてきました。
 最近はフリーズ他、トラブルもあったのですが、なんとかなだめていましたが、やはり、中身がぐっと成長しているわけだから、容器がもう限界だったわけです。
 で、ついに一番ご機嫌が良かったはずのモニターが突然にお亡くなりになってしまいました。
 よく頑張ってくれました。(;;)
 
 そんな予感もあってか、次の機種選定はできていたし、同じタイプのPCですから、なんとかなるか……と思いきや、予想以上に大変でした。(+.+)
 2日がかりでの、データの移し替え。
 一番手を焼いているソフトは、うまく行かないのでカスタマーセンターに問い合わせれば、「バージョンアップしてから」と。
 知らないうちに(というのはPCにはありえないのですが)、画面のアイコンが縮んで突然変異(-_-;)

 あれやこれやで、本当にもう、ぐったりです。
 
 そんな折に流れるニュースは季節はずれのインフルエンザ。
 うーん、世界は狭くなっているので、感染症の大流行は仕方ないでしょう。
 でも、このインフルエンザ、防げるのですから、ある意味、ま、なんとかなるでしょう。
 (……って世界的大流行のパンデミックのシュミレーションも考えられるわけですが。)

 あなたが、インフルエンザにかからないためにすることは何でしょうか?
 私は人混み避けて、体調管理していくだけかな、と思ってますが。

 もっと怖いのは、気持ちに宿るその気配。
 テレビ報道に影響を受けてしまう私たちの気持ち。

 話は飛びますが、珍しくもない「酔っ払いの行動」を、大騒ぎで取材する人たち。
 テレビのアイドルの彼に迷惑を受けたのは、ご近所さんのほんの何人(100人に及ぶかしら?)かで、私たちは、あの「ムダな報道」に迷惑を受けてしまったような気がします。
 そこまでしてあの“事件”を知る必要など皆無。

 もっと大事なことを知らせてほしいニュース。

 インフルエンザ報道も適切にされているかしら?
 自分の判断ってやつが、とっても大事だよな、と思う今日この頃です。
 用心するに越した事はないのですが……。

 あの新型のインフルエンザについてはアメリカの「研究用」だったウィルスと関連があるかの如く報じられている、興味深いものもあったような、なかったような。('_'?)
[PR]
by artemis-journal | 2009-05-01 18:13 | 生活
<< ゴールデンな時 躾 >>